三阪咲、高校サッカー史上初の“みんなのアンセム”解禁 初の全国流通EPリリースも決定

 12月30日に開幕する『第98回全国高校サッカー選手権大会』応援歌「繋げ!」を歌う史上最年少16歳、現役高校1年生の三阪咲(みさか・さき)が、もう1曲担当する“みんなのアンセム”「We are on your side」のスペシャル映像が1日、YouTubeで解禁となった。12月4日には、この2曲を収録した自身初の全国流通盤EP『Every day, Every night』がCD/配信リリースされることが決定した。

 CDデビュー前の現役高校生の抜てきなど「史上初」の試みが多い今大会。“みんなのアンセム”もその1つで、三阪は選手たちに贈る言葉を中心に紡ぐ「応援歌」に加え、選手を支える人々と共に寄り添う「言葉」や「想い」もどうにか表現する方法がないかと思案。日本テレビも三阪の想いに強く賛同し、今大会は “応援歌”と“みんなのアンセム”の2曲を制作・展開することを決めた。

 日本テレビスポーツ局の岡本和孝プロデューサーは「サッカーをプレーする選手たちに向けた曲が“応援歌”。その一方で、選手を支える周りの方々の気持ちに寄り添った曲が“みんなのアンセム”です。今回、三阪咲さんによる歌詞制作の苦闘の末に“みんなのアンセム”が完成しました。三阪さんの魅力である元気と歌唱力がいっぱいに表現された一曲となっています」と説明。「ぜひこの曲を覚えていただいて、スタジアムの応援席やスタンドにいる皆さんと一緒に盛り上がっていただけたらとてもうれしいです」と期待する。

 きょう1日に公開となったスペシャル映像は、これまでの『全国高校サッカー選手権大会』の名シーンの数々に歌詞を乗せたもの。選手たちはもちろん、応援する人たちの気持ちやモチベーションを高揚させ、鼓舞する内容となっている。

 応援歌「繋げ!」、みんなのアンセム「We are on your side」が収められる全国流通盤EP『Every day, Every night』は全4曲入り。8月にYouTubeで公開され100万再生に迫る「今だけは好きなものを好きでいたい」、10月に公開し30万再生を超えた「Say Good Night」も盛り込まれる。発売にあわせて全国7ヶ所でのモールツアーの開催も決定。詳細は後日発表される。

 また、こちらも史上初となる地区大会決勝での「キックオフライブ」も、これまで発表された4会場に加え、新たに11月10日の広島大会決勝(広島広域公園第一球技場)が追加決定。同日には、広島・イオンモール広島府中・フタバ図書TERAでもスペシャルライブも行う。

関連写真

  • 『第98回全国高校サッカー選手権大会』の応援歌と“みんなのアンセム”を、EP『Every day, Every night』に収録する三阪咲
  • 三阪咲アーティスト写真
  • 三阪咲 EP『Every day, Every night』(12月4日発売) ジャケット

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索