ジャニーさん功績を記録で振り返る シングル1位47組、439作品 ギネス世界記録も

 ジャニーズ事務所代表取締役社長のジャニー喜多川さんが、9日午後4時47分、87歳で亡くなった。ジャニーさんは1962年にジャニーズ事務所を創業。昭和から平成にかけ、数多くの男性グループ、歌手、タレントをプロデュースし、国民的な存在へ育て上げ、シングル1位獲得作品数は実に439作品にのぼり、総売上枚数は1億4821万枚。オリコン調べによるジャニーズ事務所作品の主な記録から、ジャニーさんの功績を振り返る。

 ジャニーズ事務所によるシングル作品としては、郷ひろみ「よろしく哀愁」が1974年10月28日付で1位を獲得以降、最新2019年7月1日付の山下智久「CHANGE」まで全439作品が1位を獲得。シングル1位を獲得した全439作品の累積総売上枚数は1億4821万276枚。※ジャニーズ事務所所属以外アーティストとのコラボは除く。

 また、シングル1位獲得アーティストでは、郷ひろみ「よろしく哀愁」が1974年10月28日付で1位を獲得以降、2019年5月27日付の亀梨和也「Rain」まで全47組のアーティストが1位を獲得している。※ジャニーズ事務所所属以外アーティストとのコラボは除く。

 さらに、シングルミリオン獲得作品は、KinKi Kids(4作)、SMAP(3作)、近藤真彦、J-FRIENDS、慎吾ママ、修二と彰、KAT-TUN(1作)の12作品となっている。

 なお、こうした数々の記録により、2011年には「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」「最も多くのナンバーワン・シングルをプロデュースした人物」として、2012年には「最も多くのチャート1位を獲得した歌手をプロデュースした人物」としてそれぞれギネス・ワールド・レコーズに認定されている。

関連写真

  • ジャニー喜多川さん死去 87歳 (C)ORICON NewS inc.
  • ジャニーズ事務所作品のシングルミリオン獲得12作品一覧

オリコントピックス

メニューを閉じる