昭和を代表するエンターテイナー・坂本九、最後の肉声と歌声を公開

 印象的な笑顔と甘い歌声で昭和の芸能界に大きな足跡を残した坂本九の生涯を、名曲と貴重映像、そして秘話で振り返る3時間SP『武田鉄矢の昭和は輝いていた 見上げてごらん…永遠の笑顔・坂本九SP』が、BSテレ東で12日(後7:00〜9:54)に放送される。34年前の8月12日、日本航空123便墜落事故で亡くなったその日の数時間前に録音された貴重な最後の肉声と歌声「心の瞳」を公開。今もなお心に残る、あの歌声と永遠の笑顔が甦る。

【写真】その他の写真を見る


 昭和年に発売された「悲しき60才」がヒット、この曲は映画化され、主役に抜てき。日本で最初のアイドルと言われた、坂本九本人が語る、音楽との出会いとは?

 そして、中村八大永六輔と「六八九トリオ」と呼ばれた3人が生み出した名曲の数々。中でも全米チャート1位の快挙を成し遂げた「上を向いて歩こう」誕生秘話では、この曲に対する3人それぞれの葛藤やエピソードが明かされる。

 また、歌手としてだけでなく、俳優、司会業などマルチな才能でも活躍。そこには、どんな思いがあったのか? さらに、家族だからこそ語れる素顔の数々も。妻である柏木由紀子との出会いや結婚生活、父親としての顔なども、貴重なプライベート映像とともに紹介する。

 橋本かおりプロデューサー(BSテレ東制作局)は、生前最後に残された肉声と最後の歌声「心の瞳」について、「この曲はご家族3人がバックコーラスを務められ、見事な家族のハーモニーとして再録音されています。その家族の想いと、九さんがいかに家族を大切にされていたかが、あらためて浮き彫りになりました。夜の星を眺めると九さんの笑顔が浮かんできます」とコメントを寄せている。

 司会は、武田鉄矢、須黒清華(テレビ東京アナウンサー)。ゲストは、柏木由紀子(女優)、大島花子(歌手)、舞坂ゆき子(女優)、勝呂誉(俳優)、佐藤剛(音楽プロデューサー)。

関連写真

  • 7月12日放送、BSテレ東『武田鉄矢の昭和は輝いていた 見上げてごらん…永遠の笑顔・坂本九SP』昭和を代表するエンターテイナー・坂本九の生涯を名曲と貴重な映像、肉声で振り返る
  • 番組出演者(C)BSテレ東
  • 7月12日放送、BSテレ東『武田鉄矢の昭和は輝いていた 見上げてごらん…永遠の笑顔・坂本九SP』収録の模様(C)BSテレ東
  • 7月12日放送、BSテレ東『武田鉄矢の昭和は輝いていた 見上げてごらん…永遠の笑顔・坂本九SP』収録の模様(C)BSテレ東

オリコントピックス

メニューを閉じる