「ぴあアリーナMM」が来年4・25開業 こけら落としは地元・横浜出身ゆず

 ぴあが横浜・みなとみらい21の38街区に建設中の1万人規模の音楽専用アリーナ「ぴあアリーナMM」の開業日が来年4月25日に決定し、地元・横浜出身のデュオ・ゆずがこけら落とし公演を行うことが8日、明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


 来年4月25・26日に2日間連続でこけら落とし公演を行うゆずの北川悠仁岩沢厚治は「僕たちの地元である横浜に『ぴあアリーナMM』が誕生すること、とても嬉しく思います」と喜び、「当日のライブでは、横浜ならではの曲も歌いたいなと思っています。お楽しみに!」とのメッセージを寄せた。

 地下1階、地上4階建ての「ぴあアリーナMM」は民間企業の単独主導で建設・運営される国内初の1万人規模(着席:1万200人、立見:1万2284人)の音楽アリーナ。民間主導ならではの視点から業界のニーズを丁寧に汲み取り、観客・演者双方にとっての使い勝手を最適化した。ステージと客席が近い、縦長のハコ型構造が特徴で、施設内には売店やラウンジを設置、2階には一般客も利用できるカフェを併設する。

 ぴあ広報室長の小林覚氏によると、建築施工費は総額約100億円。「音楽系のライブを目的にしたアリーナですが、貸館の利用目的はスポーツやクラシックなど多岐にわたり、竣工後の予約受付も順調」といい、「これをきっかけに民間主導の会場が増え、エンタテインメント市場がさらに活性化することで、当社の社業全体にも好影響をもたらすものと期待しています」と展望した。

■ゆずのコメント
僕たちの地元である横浜に「ぴあアリーナMM」が誕生すること、とても嬉しく思います。
中学生の頃に横浜万博が開催され、その万博を機に、みなとみらいは急速に発展していきました。
僕ら“横浜人“にとって、みなとみらいは横浜の新たな顔としての象徴であり、ゆずの曲の中にもたびたび登場します。
2020年4月25日。そんな思い入れのあるみなとみらいで、「ぴあアリーナMM」のこけら落とし公演をやらせていただくことになりました。本当に光栄です。
当日のライブでは、横浜ならではの曲も歌いたいなと思っています。 お楽しみに!

■ぴあアリーナMM こけら落とし公演
公演名:YUZU ARENA TOUR 2020
日時:2020年4月25日(土)・26日(日)
会場 :ぴあアリーナMM

関連写真

  • 「ぴあアリーナMM」こけら落とし公演を行うゆず
  • 来年4月25日開業決定「ぴあアリーナMM」外観イメージ
  • 「ぴあアリーナMM」4階スタンドからみたステージのイメージ
  • 「ぴあアリーナMM」コンサート中のステージからみた客席のイメージ
  • 来年4月25日開業決定「ぴあアリーナMM」外観イメージ

オリコントピックス

メニューを閉じる