米津玄師「馬と鹿」が日曜劇場・池井戸作品初主題歌 『ノーサイド・ゲーム』初回で無告知解禁

 シンガー・ソングライターの米津玄師が、7日にスタートした大泉洋主演のTBS系日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(毎週日曜 後9:00)の主題歌として、書き下ろしの新曲「馬と鹿」を提供したことが初回放送で解禁された。日曜劇場の池井戸潤氏作品はこれまで、主題歌を使用してこなかったが、今回初の起用となった。

 『ノーサイド・ゲーム』の放送終盤、無告知で米津の歌声が流れ、主題歌を解禁。ドラマのシーンと完全にシンクロした米津提供曲を予告なしに起用することで第1話の重要なワンシーンに深みと感動をもたらし、SNS上では即座に「鳥肌たちました」「曲とシーンが素晴らしくマッチ」「来週からリアタイします」といった驚きと喜びの声であふれた。トレンドランキングも「#ノーサイド・ゲーム」が1位になるなど大きな反響を呼んだ。

 米津も自身のツイッターで「TBS日曜劇場『ノーサイドゲーム』の主題歌を担当させて頂きました。『馬と鹿』という曲です。大泉洋さん演じる君嶋が、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をどうにか音楽にできないかと探っていった末にこの曲ができました。素敵なドラマとご一緒できて嬉しいです。どうかよろしくお願いします」と楽曲に対する想いを投稿した。

 ドラマ『ノーサイド・ゲーム』は日曜劇場に数々のヒットをもたらした池井戸氏の同名書き下ろし新作が原作。上司が主導する企業買収に異を唱えたエリートサラリーマンが工場の総務部長に飛ばされ、巨大赤字を抱えた企業ラグビーチームのゼネラルマネージャーを兼務することに。出世の道を断たれたサラリーマンが再起をかけて闘う姿を描く。

関連写真

  • 米津玄師 photo by 山田智和
  • 7月7日スタート日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』ビジュアル

オリコントピックス

メニューを閉じる