乃木坂46白石麻衣、体調不良で映画イベント欠席へ

 人気アイドルグループ・乃木坂46白石麻衣(26)が、5日に都内で行われるドキュメンタリー映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』の初日舞台あいさつを体調不良により欠席することが同日、映画公式サイトで発表された。

 サイトでは「初日舞台挨拶 登壇者についてお知らせ」として「本日7月5日(金)にTOHOシネマズ日比谷にて行います『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』の初日舞台挨拶につきまして、出席を予定しておりました白石麻衣さんが体調不良により、欠席となりました」と報告。

 「楽しみにされていたお客様には、心よりお詫び申し上げます」と謝罪し「尚、舞台挨拶、舞台挨拶生中継に関しては予定通り開催致します」と伝えた。

 今作は、乃木坂46が国民的アイドルグループへと飛躍した2017年から19年までに密着。初となるシングルミリオンセールスや悲願の日本レコード大賞受賞など大活躍した17年。個々のメンバーが様々なフィールドで活躍の場を増やし、史上初の神宮球場と秩父宮ラグビー場の2会場同時ライブ開催、日本レコード大賞連覇という偉業を達成した18年。そして、エース西野七瀬の卒業公演を経て、“令和”という新時代を迎えた2019年。多くの貴重映像とメンバーたちの証言でつむいだ乃木坂46の“いま”を知ることができる内容となっている。

オリコントピックス

メニューを閉じる