48グループ若手卒業ラッシュにファン悲鳴 5日間で7人目

 アイドルグループ・NMB48内木志(ないき・こころ、22)とAKB48チーム8の寺田美咲(19)が4日、それぞれの専用劇場で行われた公演でグループからの卒業を発表した。

【写真】その他の写真を見る


 48グループの劇場公演では連日卒業発表が行われており、この5日間で由良朱合(STU48、20)、杉山菜田里(SKE48、15)、市岡愛弓(STU48、15)、北川綾巴(SKE48、20)、植木南央HKT48、21)、そして内木、寺田で7人目。今月に入って4日で5人目と、相次ぐ若手の卒業にファンからは悲鳴が上がっている。

 この日卒業を発表した内木は「この中に居るといろいろなお仕事をさせていただけるすごく素敵な環境なんですが、もう22歳。アイドルとしてはお姉さんの方で、でも世間ではまだ22歳なので一歩外に出て、自分の力で自分の可能性にチャレンジしてみたいなと思いました」と卒業を決めた理由を説明。卒業時期は8月中を予定し、「私は私の2番目のドアを開くその日までアイドル生活を楽しみたいと思っています」とコメントしている。

 内木は2013年11月に行われた『第1回AKB48グループ ドラフト会議』でチームBIIから2巡目で指名され、須藤凜々花さん(19年1月芸能界引退)らとともにNMB48に加入。AKB48選抜総選挙は第6回から参加し、第10回(18年)で初ランクイン(54位)。NMB48の最新シングル「床の間正座娘」では4作ぶり2度目の選抜入りを果たしていた。

 一方の寺田は、47都道府県選抜からなるチーム8の2代目・長崎県代表メンバーとして16年6月に加入。第10回総選挙に初参戦し圏外。選抜歴はなかった。

関連写真

  • NMB48卒業を発表した内木志(C)NMB48
  • AKB48卒業を発表したチーム8長崎代表の寺田美咲(C)AKS
  • 7月2日にSKE48卒業を発表した北川綾巴 (C)ORICON NewS inc.
  • 7月1日にSTU48卒業を発表した市岡愛弓 (C)ORICON NewS inc.
  • 7月2日にHKT48卒業を発表した植木南央(C)AKS

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索