朝ドラ出演・水谷果穂、反町隆史主演ドラマ主題歌&撮影現場訪問「目標の1つだった」

 俳優・反町隆史が主演するテレビ東京系ドラマ『リーガル・ハート 〜いのちの再建弁護士〜』(7月22日放送開始 毎週月曜 後10:00 ※初回のみ後9:00〜2時間SP)の主題歌「朝が来るまで」を、女優で歌手の水谷果穂が歌うことが明らかになった。水谷が連続ドラマの主題歌を担当するのは初となる。

 水谷は現在、NHK連続テレビ小説『なつぞら』に出演中。「女優と歌手をやらせていただくとなった瞬間から、朝ドラに出演することと、ドラマの主題歌を歌うことが目標の1つだったので、お話を聞いた時はとてもうれしかったです」と喜びをあらわにした。

 このほど『リーガル・ハート』の撮影現場を訪問。「歌手としてドラマ現場を見学するのは初めてだったので、新鮮な気持ちでした。少しの時間でしたが、物作りへの熱さと集中力を感じ圧倒されました」と目を輝かせた。

 主人公の弁護士・村越誠一を演じる反町とは初対面となり、「緊張していたのですが、優しく声をかけてくださってその包容力に感動しました。台本をいただいて、村越さんの強く優しい眼差しをイメージしながらレコーディングに挑んでいたので、その姿を実際に見ることができたのがうれしかったですし、反町さん自身とリンクする魅力がたくさんあるなと思いました」と語った。

 水谷の歌声についてテレビ東京制作局の小松幸敏プロデューサーは「初めて主題歌のデモ音源を聴かせてもらった時に感じたのは、あどけなく物悲しい歌声なのにどこか引き込まれ、か細い中にも力の有る歌声だと思ったのが第一印象でした」と振り返る。

 西浦正記監督は「すてきなボーカルをオリジナルバージョンだけで終わらせるのはもったいない、カタルシスの場面だけではなく聴きたいという欲求にかられ、もっと曲調の違うピアノだけの演奏で聴けないか」と提案。「今、最も旬なピアニスト清塚氏に演奏をお願いし、優しく、力強い理想どおりの曲ができあがりました。視聴者の皆様に聴いていただける機会がより増えれば良いなぁと思います」と期待を寄せた。

 主演の反町も主題歌を聴き、「ドラマの世界観そのままに、一筋の光を感じさせる主題歌だと思いました。朝が来ることは当たり前なようでいて、当たり前じゃない。新しい一日が始まることに感謝の気持ちを感じながら、凛とした歌声と澄んだ朝の空気が重なりました」と“解説”した。

関連写真

  • 朝ドラに出演中の水谷果穂が反町隆史主演のテレ東ドラマ主題歌を担当
  • テレビ東京系ドラマ『リーガル・ハート 〜いのちの再建弁護士〜』撮影現場を訪問した水谷果穂
  • 初公開の『リーガル・ハート 〜いのちの再建弁護士〜』ポスタービジュアル

オリコントピックス

メニューを閉じる