ワンオク「Wherever you are」が2連覇、18年度「結婚式で使われた楽曲」ランキング

 音楽特定利用促進機構(ISUM)は6月13日、ジューンブライドの季節に合わせ、全国結婚式場の1年間の利用実績に基づいた『2018年度 ISUMブライダルミュージックTOP10』を発表した。18年度、“結婚式で最も利用された楽曲”として同ランキング1位を獲得したのは、ONE OK ROCKの「Wherever you are」。2年連続での首位獲得となっており、同曲が結婚式の定番曲として浸透している様子が窺えた。

【写真】その他の写真を見る


◆“結婚式ソング”として浸透した楽曲は、長くシーンに定着する

 2連覇となった「Wherever you are」は、ONE OK ROCKが10年6月9日に発売したアルバム『Nicheシンドローム』の収録曲。15年にNTTドコモのCMソングに起用されたことで、ファンだけでなく一般層にも知られる楽曲となった。相手に対する想いを、ボーカルのTakaがストレートに情熱的に歌い上げた、結婚式にぴったりのバラード曲で、特にエンドロールで使用する楽曲として圧倒的な支持を得ているという。

 続く2位は、イギリスのボーカルグループ・Blueの「The Gift」で、こちらも2年連続の2位。洋楽曲としては唯一のTOP10入りとなった。槇原敬之が楽曲提供(作詞・作曲)をした同曲は、温かなメロディーとメッセージ性の強い感動的な歌詞が特徴で、発売から約16年経った今でも多くのブライダルシーンで選ばれている。なお、同曲は04年に槇原が「僕が一番欲しかったもの」というタイトルでセルフカバーを行っており、そのことが息の長い人気に影響している部分もあるかもしれない。

 3位にはBENIの「永遠」がランクイン。結婚式場が舞台のNHKよる☆ドラ『本日は大安なり』(12年1月期放送)の主題歌として注目され、新郎新婦への祝福の気持ちが込められた楽曲として人気を集めている。BENI自身がデザインするウエディングドレスブランド「ルージュ・ド・ベニ」も展開中。新婦たちからの信頼は厚い。同じく、等身大の歌詞と心に響く歌声が新婦から支持されているという絢香は、「にじいろ」(5位)、「ありがとうの輪」(7位)の2曲がTOP10入りした。

 TOP10入りした楽曲は、どれも明るい未来を連想する歌詞や心地よいメロディーが印象的な楽曲ばかり。新郎新婦や2人を祝福する面々に寄り添ってくれるようなナンバーが支持されているようだ。また、順位に変動はあれど、TOP10入りした楽曲がすべて昨年と同じという点も興味深い。音楽評論家でISUMの理事も務める湯川れい子氏は、同結果を受けて「ウエディングのさまざまなシーンで愛される楽曲は、年代ごとに微妙に変わってはいきますが、未来への夢につながる歌であり、愛が育まれる姿を歌っていると言う点で、優れた歌です。そしてそれが日本のスタンダード・ポップスとして、後世まで残っていくだろうことは、例年のランキングを見ていて、強く感じることができます」とコメントしている。

◆メッセージムービーで多用される、藤田麻衣子の「手紙〜愛するあなたへ〜」

 なお、今回は初めて利用実績に基づいた“シーン別楽曲”のランキングも発表。「オープニングムービー ランキング」は、前出の絢香「にじいろ」(1位)を筆頭に、JR九州のCMソングとしても知られるMaia Hirasawaの「Boom!」(3位)や、映画『君の名は。』の主題歌で話題となったRADWIMPSの「前前前世(movie ver.)」(4位)など、ポップで明るい楽曲が上位に。

 主に両親に宛てて上映する「メッセージムービー ランキング」は、藤田麻衣子の「手紙〜愛するあなたへ〜(弾き語りVer.)」が首位。同曲は幼い頃から支えてくれた両親への感謝の気持ちを込めた歌詞が感動的で、クリス・ハートのカバー版も8位に入るなど、圧倒的な人気を誇っている。

 ISUMは、ブライダルシーンにおける市販楽曲の利用促進及び音楽著作権の啓発活動の一翼を担うことを目的として13年10月に設立。ブライダルで使う音楽の著作権・著作隣接権の権利処理手続きをオンライン上で簡単に行うことができるシステムを提供し、手続きを代行している。現在、全国1000を超える事業者が登録。昨年の申請数は10万件を突破した。

関連写真

  • 2018年度、結婚式で最も使われた楽曲は、ONE OK ROCKの「Wherever you are」
  • 「2018年度 ISUMブライダルミュージックTOP10」  ※出典:「ISUMブライダルミュージックTOP10」
  • 『2018年度 ISUMブライダルミュージック オープニングムービー使用楽曲ランキング』 ※出典:「ISUMブライダルミュージックTOP10」
  • 『2018年度 ISUMブライダルミュージック BGM使用楽曲ランキング』 ※出典:「ISUMブライダルミュージックTOP10」
  • 『2018年度 ISUMブライダルミュージック メッセージムービー使用楽曲ランキング』 ※出典:「ISUMブライダルミュージックTOP10」
  • 『2018年度 ISUMブライダルミュージック プロフィールムービー使用楽曲ランキング』 ※出典:「ISUMブライダルミュージックTOP10」
  • 『2018年度 ISUMブライダルミュージック エンドロール使用楽曲ランキング』 ※出典:「ISUMブライダルミュージックTOP10」
  • 『2018年度 ISUMブライダルミュージック 余興ムービー使用楽曲ランキング』 ※出典:「ISUMブライダルミュージックTOP10」

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年7月15日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年7月15日号

<COVER STORY>
VERBAL(アーティスト)
海外アーティストとのコラボは、
本人と直でつながっていることが大切

<SPECIAL ISSUE>
音楽・映像・書籍 月間マーケットレポート6月度
アルバムヒットが貢献 オーディオ前年同月比138.3%

お問い合わせ

WEBサイト『ORICON NEWS』、エンタメビジネス誌『コンフィデンス』 メディア営業スタッフ募集

オリコントピックス

メニューを閉じる