泉谷しげる、71歳で6時間“1人フェス”挑戦「心の中までは老けていない」

 シンガー・ソングライターの泉谷しげる(71)が、自身の誕生日5月11日に発売したオリジナルアルバム『スキル/栄光か破壊か!』を引っ提げ、70代では前人未到の6時間にわたる“1人フェス”を企画していることが9日、わかった。6月30日に東京・渋谷のライブハウス・duo MUSIC EXCHANGEで行うもので「70歳でも心の中までは老けていない。ミュージシャンというよりアスリートになった気分でやってやる!」と泉谷流に意気込んだ。

 「アルバムなんて今じゃグッズのようなもの。それこそライブでもやって聴かせなきゃ、買ってもらえない時代だしな。幸い、オイラは生まれながらライブの好きだからな。せっかく25枚目のアルバムを出したんだから、だったらと思って企画した」と泉谷は吠える。

 「全力6時間ライブ」と題し、各2時間の3部構成で午後1時から8時半までを予定。第1部は「ヒストリーI」として、デビュー当時のエレック・レコード時代から小室等吉田拓郎井上陽水と立ち上げたフォーライフ・レコード時代までを弾き語りで聴かせる。続く第2部「ヒストリーII」では、ワーナーレコード時代からビクターレコード時代の作品を渡邉裕美(B)と板谷達也(Dr)とのでセッションで演奏。そして、第3部「ヒストリーIII」はポニーキャニオン時代から最新アルバム『スキル/栄光か破壊か!』までをフルバンドを従えて披露する。

 「6時間のライブでオイラの48年の音楽活動を振り返るつもりさ。ある意味でワンマン…、1人フェスだと思ってもらっていい。やっぱり同じ流れでやっていたら客も飽きるだろうから、いろいろと構成は変えている。それに途中はステージの切り替えもあるから休憩は入れているし、客の会場出入りは自由にしている。疲れたら外に出て一服したらいい」と、自分以上に客の体調にも気遣いを見せる。

 一方、熊本大震災と阿蘇山噴火を契機に泉谷が発起人となってスタートした恒例フェス『阿蘇ロックフェスティバル』は、9月29日に福岡・ミクニワールドスタジアム北九州で行うことが決定している。「地震や噴火などの災害が全国の関心になった以上、タイトルを変えることなく“志”はそのままに、今年は北九州市で開催することにした。だいたい熊本のことを熊本でやっても宣伝にならないからな」と泉谷。共鳴した竹原ピストルももいろクローバーZAK-69らが参加を表明し、さらに出演者は増える予定という。

 「やっぱり、オイラはライブが好きなんだよ。70になってまで無理に若さを強調しようって気持ちはないけど、心は老けていないってことはアピールしたいね。これからの時代は年金頼りじゃダメ。とにかくリアルな自分を見せたい」と気炎を上げ、「オイラとしては、これがきっかけとなって、それこそ地域が活性化するような音楽フェスが北九州からも生まれたらいいと思っている。本来、こういったフェスは地元の連中で実行委員会を作ってやることが重要なんだよ」とも提言した。

オリコントピックス

メニューを閉じる