フェアリーズ、“全曲披露”ツアー開幕 新曲で“メトロステップ”初披露

 5人組ガールズダンス&ボーカルグループのフェアリーズが8日、東京・青海のZepp Tokyoで全国ツアー『フェアリーズ LIVE TOUR 2019-ALL FOR YOU-』初日公演を行い、7月17日発売の17枚目シングル「Metropolis〜メトロポリス〜」を初披露して約2000人の観客を沸かせた。

【写真】その他の写真を見る


 シングル発売は1年5ヶ月ぶり、ツアーも約1年ぶりとなり、メンバーは「みんなを待たせた分、フェアリーズのすべてを改めて見てもらおう」と発案。ツアー全公演を通じ、2011年9月発売のデビューシングル「More Kiss/Song for You」からフェアリーズ名義で発表してきた47曲すべてを、映像も含めてさまざまな形で披露していくコンセプトを打ち出し、タイトルは『ALL FOR YOU』と名付けた。

 ライブ冒頭は、全楽曲タイトルがスクリーンに映し出される映像で幕開け。1曲目から攻めの盛り上がり曲で始まり、会場は一気に熱気に包まれた。各会場でセットリストを変えることも明かされ、野元空は「今までのフェアリーズの楽曲を全部聴けちゃいます。今日だけのセットリストなので、楽しんでいきましょう!」と呼びかけた。

 初披露となった新曲「Metropolis〜メトロポリス〜」は、力強いリズムに乗せたダンスナンバー。サビで披露した独特なステップ(チャールストン)、タイトル「メトロポリス」の「M」を模した振付を「メトロステップ」と名付け、「真似してみてほしい」と熱望した。

 ツアーは名古屋、大阪、広島を経て、7月15日の福岡・DRUM LOGOS公演でファイナルを迎える。

関連写真

  • 全国ツアーをスタートさせたフェアリーズ
  • 8年間で発表した47曲をさまざまな形で披露したフェアリーズ
  • フェアリーズの17枚目シングル「Metropolis〜メトロポリス〜」(7月17日発売)

オリコントピックス

メニューを閉じる