SILENT SIRENあいにゃんの絵本、出版化決定「ますます意欲的に」

 4人組ガールズバンド・SILENT SIRENあいにゃん(山内あいな/ベース担当)が、CS放送「テレ朝チャンネル1」で放送されている番組『おちゃの間サイサイ』(毎週土曜 後10:30〜11:00ほか)の番組企画「絵本作家デビューへの道」で制作した絵本『にゃんにゃんにゃんたのだいへんしん』が、『第1回CHICORABOOKキャラクター絵本出版大賞』で優秀賞を受賞。出版化が決定した。先日、メンバーそろって出席した授賞式の模様は、8日放送の同番組で特集する。

【写真】その他の写真を見る


 もともと絵を描くのが好きで、大学もデザイン系の4年生大に通ったあいにゃんが、昨年11月から先生に教わりつつ、約4ヶ月かけて完成させた絵本。その内容は、忍者の見習いの「にゃんた」が上手に変身できるように修業にでかけるというお話。

 授賞式直前、あいにゃんは、「めちゃめちゃ緊張してます。昨日はオフだったので今日着て行く衣装をどうしようかと、ずっと悩んでました」と、笑顔をみせながらもいつもとは少し違った面持ち。そんな雰囲気を察してか、メンバーからは「表彰状の受け取り方覚えてる? 卒業式以来だよね? 左手から受け取るんだよね?」と冷やかされる一幕も。

 授賞式では、「優秀賞・あいにゃん」と名前が呼ばれると、しっかりした足取りで登壇し、“受賞の喜び”を噛みしめながらスピーチしたあいにゃん。

 「本当にうれしく思います。“にゃんた”は中学生の頃の私の実体験をもとに作成しました。あの頃は、自分に自信がなくて、クラスにいたかわいい女の子がうらやましいな、ああいう憧れの存在になりたいな…という想いから、にゃんたが、いろんな動物に“変身”していくんですが、結局は、普段支えてくれる家族の愛情を忘れないでとか、実は、その時点で、自分はもう恵まれていて幸せなんだよという…想いを伝えたくて絵本にしました」と、絵本づくりに込めた思いを語った。

 審査員からは「ページ構成や構図に工夫が見られストーリーの起承転結の組み方が秀逸。作画にルーキー感こそ見られますが、それを払しょくできる強さでキャラクターの魅力が光っていて、大変将来性を感じられる作品だった」と選評が読み上げられた。

 授賞式後、あいにゃんは「ライブの数億万倍緊張しました! やっと実感が沸いた気がします。全然、楽な道ではなく、つらい時間もあったけど、楽しく描いている時間の方が多かったと思いました。絵を描くお仕事をするのも、小さい頃からの夢だったので叶ってうれしいです」と喜びにひたった。

 しかし、ゴールはまだ先。「出版へ道も残っているので、これからが“絵本作家”のスタート! にゃんたも頑張って、ここまで来たかと思うと、とても愛おしいのでますます意欲的にやっていきたいなって思いました」と話した。

 ほかのメンバーからは、ゆかるん「なんか本屋さんに並ぶのがすごく楽しみですよね! 私はみんながにゃんたの本を読んでいる表情を早く見てみたいなって思いました」。すぅ「いまCDショップと本屋さんが一緒になっているお店もあるから、サイサイのコーナーに2つ(CDと本が)並んで売られていることもあるのかな(笑)。そうなるとテンション上がりますよね」。ひなんちゅ「私たちも出版化に向けて、最大限応援していこうと思います!」と、心強いコメントが相次いだ。

関連写真

  • 『第1回CHICORABOOKキャラクター絵本出版大賞』で優秀賞を受賞したSILENT SIRENのあいにゃん(山内あいな/ベース担当)
  • 『第1回CHICORABOOKキャラクター絵本出版大賞』授賞式でスピーチするあいにゃん。詳しくは6月8日放送のCSテレ朝チャンネル1『おちゃの間サイサイ』で
  • 『第1回CHICORABOOKキャラクター絵本出版大賞』SILENT SIRENのメンバーも授賞式に参列。詳しくは6月8日放送のCSテレ朝チャンネル1『おちゃの間サイサイ』で
  • 『第1回CHICORABOOKキャラクター絵本出版大賞』授賞式の模様は6月8日放送のCSテレ朝チャンネル1『おちゃの間サイサイ』で
  • 『第1回CHICORABOOKキャラクター絵本出版大賞』授賞式の模様は6月8日放送のCSテレ朝チャンネル1『おちゃの間サイサイ』で

オリコントピックス

メニューを閉じる