“幕張ジャック”(G)I-DLE、7・31日本デビュー ショーケースも決定

 6人組グローバルガールズグループ・(G)I-DLE(ジー・アイドゥル)が、7月31日にメジャーデビューミニアルバム『LATATA』で日本進出することが決定した。韓国の大手芸能事務所「CUBE ENTERTAINMENT」と世界最大手のレコード会社「ユニバーサルミュージック」の日本法人が昨年設立した新規レーベル「U CUBE(ユー・キューブ)」第2弾アーティストとなる。

【写真】その他の写真を見る


 2018年5月に韓国デビューした(G)I-DLEは、スジン、ミンニ、ソヨン、ウギ、シュファ、ミヨンからなる6人組。グループ名の由来は、“一人ひとり個性ある女の子たちが集まっている”を意味する。リーダーのソヨンが作詞・作曲・編曲を手がけたデビュー曲「LATATA」は音楽番組で3冠達成した。

 メンバーはダンスの振り付けも自分たちで行う“セルフプロデュースアイドル”としても注目を集めるほか、ソヨンは同じ事務所のガールズグループ・CLCら他アーティストに楽曲提供する“作曲ドル(作曲+アイドル)”として話題を呼んでいる。

 今月17日〜19日に千葉・幕張メッセ国際展示場ホールで行われた世界最大級のK-Cultureフェスティバル『KCON 2019 JAPAN』には出演しなかったものの、最寄り駅のJR海浜幕張駅構内の看板を(G)I-DLEが全てジャック。インパクトを残したうえでの日本デビュー発表となった。

 メジャーデビューミニアルバム『LATATA』は初回限定盤A(CD+DVD)、初回限定盤B(CD+28Pフォトブック)、通常盤(CD)の3形態で発売され「LATATA」の日本語バージョン以外の収録内容は後日発表される。

 あわせて特設サイトがオープンし、日本のNeverland(ファンの総称)に向けたコメントを掲載。7月23日には東京・マイナビBLITZ赤坂でライブイベント『(G)I-DLE JAPAN DEBUT SHOWCASE』が開催されることも決定した。チケット受付はきょう20日午前8時スタート。

関連写真

  • 7月31日に日本デビューするグローバルガールズグループ(G)I-DLE
  • 日本デビュー発表前にJR海浜幕張駅構内をジャックした(G)I-DLE
  • 階段にはメンバーソロポスターも
  • 日本デビュー発表前にJR海浜幕張駅構内をジャックした(G)I-DLE
  • 日本デビュー発表前にJR海浜幕張駅構内をジャックした(G)I-DLE

オリコントピックス

メニューを閉じる