昨年9月に卒業を発表し、今年2月に地元埼玉で卒業コンサートを開いたSKE48松村香織が2日、名古屋・栄のSKE48劇場で行われたチームKII『最終ベルが鳴る』公演に出演し、独自の道を切り開き続けた異端児がついに、9年半のアイドル活動にピリオドを打った。29歳3ヶ月での卒業は、17年4月、自身の29歳の誕生日に卒業したAKB48小嶋陽菜を抜き、48グループ歴代最年長となった。 SKE48加入直前には新宿・歌舞伎町のキャバクラや秋葉原のメイド喫茶で働いていたことで知られる松村は、2009年11月、19歳でSKE48第3期生オーディションに合格。SNSでの発信力を武器に独自路線を突き進んできた松村の卒業公演を見届けようと、劇場内のみならず、場外も抽選に外れたモニター観覧のファンの熱気に包まれた。

この記事の画像

  • 劇場の壁掛け写真を外してSKE48を卒業した松村香織(C)SKE
  • チームが異なる松井珠理奈が駆けつけた(C)SKE
  • 48グループ歴代最年長の29歳3ヶ月でSKE48を卒業した松村香織(C)SKE
  • SKE48チームKII松村香織卒業公演より(C)SKE
  • SKE48チームKII松村香織卒業公演より(C)SKE
  • SKE48チームKII松村香織卒業公演より(C)SKE
  • SKE48チームKII松村香織卒業公演より(C)SKE

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索