嵐・松本潤、SMAPは「ずっと勉強させていただいたグループ」『紅白』特番で思い語る

 人気グループ・が、29日放送のNHK『総決算!平成紅白歌合戦「第1部」』に出演。平成の『紅白』を振り返る特番で、平成15(2003)年に大トリを務めたSMAPについて、松本潤が尊敬の念を語った。

 平成15年はイラク戦争が起こった年。白いスーツに身を包んだSMAPの5人が世界に向けてメッセージを語りかけ、グループ最大のヒット曲「世界に一つだけの花」を熱唱し、この年の紅白を締めくくったVTRが放送された。

 VTR後、司会の小野文恵アナウンサーが「嵐の方たちにとって、SMAPってどういう存在?」と尋ねると、松本が「大先輩ですよね。ずっと勉強させていただいてきたグループですし。後に僕らが初めて『紅白』に出させていただいた時の司会が中居(正広)くんだったので、心強かったです」と思いを明かした。

■平成15(2003)年のSMAPの歌唱前のメッセージ

木村拓哉「皆さん、目を閉じて2003年を思い出してください」

中居正広「今年、世界中でたくさんの尊い命が失われました」

稲垣吾郎「また、目を覆いたくなるようなことも、たくさんありました」

草なぎ剛「僕たちに今、何ができるでしょうか」

香取慎吾「みんながみんな、すべての人に優しくなれたら、きっと、幸せな未来がやってくると信じています」

オリコントピックス

メニューを閉じる