辻加護「W(ダブルユー)」13年ぶり復活に辻希美「感無量」 加護亜依「ありがとうございました!」

 元モーニング娘。辻希美(31)が30日、自身のブログを更新。同日に千葉・幕張メッセ 国定展示場1ホールで行われた『Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019』で2006年1月のハロコン以来、13年ぶりに復活した2人組ユニット「W(ダブルユー)」に「感無量」と思いをつづった。

 辻は「13年ぶりの復活!!」のエントリーで「辻加護(ダブルユー)13年ぶりの復活!!!!!! 本番前のステージへ向かう辻加護 1番緊張してる時です」と2人の写真を添え報告。「ひとまず本番を無事終えて…ホッとした自分と、あっという間に終わっちゃった…って寂しく思う自分もいますが、、うん…めっちゃくちゃ楽しかったです」と、本番を振り返った。

 続けて「感無量!!!!」と喜びを記し「今日の写真などはゆーっくりとアップして行きます とにかく! 今日応援してくれていた皆様本当にありがとうございました」と、訪れたファンに感謝した。一方、加護も自身のブログとインスタグラムを更新。辻と抱き合う写真を掲載などを掲載し「ありがとうございました! 本番前のドキドキ」などとコメントを添えている。

 SNS上でもフェスを見たと思われるファンたちが「辻加護やっべぇ、、、めっちゃ泣けるんだけど」「辻加護すげえ。何がすげえって31歳のはずなのに15歳くらいの感覚で見れてしまう 老けたな感無い」「辻加護めっちゃ好きだったなぁ〜 2人がこうしてまた揃ってステージに立つなんてね!!」「おかえりなさい」などの喜びの声で盛り上がっている。

 同日に開催された、アップフロントグループ主催のイベント『遊ぶ。暮らす。育てる。SATOYAMA&SATOUMI へ行こう2019』(3月31日まで)のオープニングセレモニーで、辻は「あいぼん(加護)と13年ぶりにステージに立ちます。リハーサルでは距離感があったけど(笑)、がっかりさせないパフォーマンスをふたりで見せられたら」と意気込みを語っていた。

オリコントピックス

メニューを閉じる