NMB48城恵理子、20歳で2度目の卒業「本当にごめんなさい」

 アイドルグループ・NMB48城恵理子(20)が19日、大阪・難波のNMB48劇場で行われたチームBII『2番目のドア』公演でグループからの卒業を発表した。2011年5月に2期生オーディションに合格した城は、翌12年9月に一度は卒業。13年10月の電撃復帰から約5年半で、2度目の卒業を決断した。

 NMB48公式ブログでは、発表時の本人コメントを掲載。「私、城恵理子はNMB48を卒業します。新体制の時に勢いづいてる中での卒業発表になってしまってすごく申し訳ない気持ちでいっぱいです。本当にごめんなさい」と突然の発表をファンにお詫びした。

 城は2011年5月に2期生オーディションに合格して12歳の若さで加入。デビュー当初の前田敦子を彷彿とさせる外見から、「ポスト前田敦子」として大きな期待を寄せられたが、翌12年9月に学業専念のため卒業。13年10月に研究生から出直し、15年2月に正規メンバーに昇格したものの、今回2度目の卒業を決めた。

 これまでの活動を振り返り「私はNMB48に入ってから約8年が経つんですけれども、普通では出来ない経験を沢山NMB48でさせて頂きました。この8年間、私のアイドル人生はすごくみんなとは違う、真っ直ぐで平坦な道ではなかったんですが、そんな私でも応援してくださり、支えてくださるファンの皆様がいてくださったから私は今ここに立つことが出来ています。本当にありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えた。

 卒業後の進路については「これを機に新しい道に進もうと思い決めました。今後のことは全然まだはっきりとはしていないんですけども、じっくり考えているところです」と説明。金子剛劇場支配人は同ブログで「面倒見がよく後輩からはもちろん、皆に慕われていた城。これから新たな道に進む彼女を精一杯応援したいと思います」とエールを送った。

 城は自身のツイッターでも「今日の劇場公演で卒業発表をさせて頂きました」と報告。「あと少し、よろしくお願いします。沢山笑いたいです」と呼びかけた。卒業日は未定。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索