遊助、10周年武道館公演は本編2曲で終了 そして史上最長のアンコール19曲

 俳優・上地雄輔が“遊助”名義でのソロ歌手デビュー10周年を記念し、東京・日本武道館で2月28日、ワンマンライブ『10th Anniversary Live -偶然!?-』を開催した。

【写真】その他の写真を見る


 遊助は2009年3月11日にシングル「ひまわり」でソロデビューし、まもなく10周年。自身初となるベストアルバム『遊助BEST 2009-2019 〜あの・・あっとゆー間だったんですケド。〜』(2月27日発売)を引っさげて乗り込んだ武道館公演のタイトル『偶然!?』は、「2月28日」に行われた本公演が遊助として「228」本目のライブだったことにちなんで名付けられた。

 全国から集結したCrew(遊助ファン)が黄色のペンライトを振りながら、お決まりの「かっとばせー! 遊助!」のコールを送り、本人が登場。デビュー曲「ひまわり」で幕を開け、これからというところで「次がラストソングです! “あっとゆー間”の時間だったけど本当にありがとう! 本当にラストソングだからな!」と念を押した。

 ベスト盤のタイトルになぞらえたようなまさかの言葉に笑いが沸き起こるなか、続いて披露したのは、遊助のライブで毎回最後に歌われる「みんなのうた」。予告どおり本当にライブが終了してしまい、武道館は爆笑の渦に包まれた。

 「かっとばせー! 遊助!」の大アンコールに迎えられて再登場した遊助は「Yellow Bus」を皮切りに、「ミツバチ」「たんぽぽ」「俺と付き合ってください。」「檸檬」など人気曲を連発。16曲におよぶアンコールも“あっとゆー間”に終了すると、この日3回目の「かっとばせー! 遊助!」コールが巻き起こった。

 ギター1本を持ってステージ中央に再々登場した遊助は、ストリングスの演奏をバックに「砂時計」をエモーショナルに歌い上げた。続いて「いちょう」を披露し、スタッフやパフォーマーに感謝を告げると、最後にCrewに向けて想いを伝えた。

 「我流でずっとここまで来たけど、これからもいろんなこといろんな人に教わりながら、遊助としても上地雄輔としても成長していきたいです。5年後、10年後、いつになるかわからないけど、またみんなに拍手をもらえるように、この武道館があったから今の俺がいますって言えるように、これからも頑張っていきます。みんな本当に今日はどうもありがとう。今日のことを忘れないでほしいです。これからもずっとよろしくお願いします!」

 史上最長のアンコールは、これまでの遊助の物語を楽曲にした「History VII」で締めくくり。本編2曲+アンコール19曲の“変則”ライブの幕を下ろした。

■『10th Anniversary Live -偶然!?-』セットリスト
01. ひまわり
02. みんなのうた
【アンコール】
EN1. Yellow Bus
EN2. ミツバチ
EN3. たんぽぽ
EN4. 銀座線
EN5. 俺なりのラブソング
EN6. 俺と付き合ってください。
EN7. わがまま 遊turing TEE
EN8. 檸檬
EN9. ルーレット 遊turing Mummy-D
EN10. 今夜は無礼講 遊turing 餓鬼レンジャー
EN11. わんぱく野球バカ
EN12. 全部好き。
EN13. ライオン
EN14. ひと
EN15. 一笑懸命
EN16. チャンピオン
【Wアンコール】
WEN1. 砂時計
WEN2. いちょう
WEN3. History VII

関連写真

  • 全21曲を熱唱 Photo by キセキミチコ
  • 本編2曲+アンコール19曲で沸かせた遊助 Photo by キセキミチコ
  • ソロデビュー10周年記念ライブを日本武道館で開催した遊助 Photo by キセキミチコ
  • ソロデビュー10周年記念ライブを日本武道館で開催した遊助 Photo by キセキミチコ
  • ソロデビュー10周年記念ライブを日本武道館で開催した遊助 Photo by キセキミチコ
  • ソロデビュー10周年記念ライブを日本武道館で開催した遊助 Photo by キセキミチコ
  • 遊助ベストアルバム『遊助BEST 2009-2019 〜あの・・あっとゆー間だったんですケド。〜』初回生産限定盤A
  • 遊助ベストアルバム『遊助BEST 2009-2019 〜あの・・あっとゆー間だったんですケド。〜』初回生産限定盤B
  • 遊助ベストアルバム『遊助BEST 2009-2019 〜あの・・あっとゆー間だったんですケド。〜』通常盤
  • ソロデビュー10周年を迎える遊助

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索