HKT48森保まどか、初ピアノアルバムは松任谷正隆氏プロデュース ティザー映像公開

 アイドルグループHKT48の1期生、森保まどか(21)の1stソロピアノアルバムプロジェクトを松任谷正隆氏がプロデュースすることが明らかになった。

 既に制作が進行し、松任谷氏自らプロデュースしたミュージックビデオの撮影を終えた。2月28日から3月3日までパシフィコ横浜で開催されるカメラと写真映像のワールドプレミアショー『CP+』の富士フイルムブースでは、MVフルバージョンとメイキング映像を公開。富士フイルム全面協力で収録・編集された4K HDR版は会場限定での上映となり、通常版では見られない高精細な映像美を堪能できる。

 森保はHKT48の1期生。幼少時からピアノを始め、2010年に『第14回 PIARAピアノコンクール全国大会で奨励賞、『第1回ヨーロッパ国際ピアノコンクール・イン・ジャパン』中学生部門9位入賞。芸能人が特技で競うフジテレビ系バラエティー番組『TEPPEN』のピアノ部門で2015年に優勝し、話題を呼んだ。

 YouTubeでは「悲愴」を弾くティザー映像を公開中。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索