NMB48、新体制後初のシングル首位 「歌詞は秋元康から今のNMB48へのメッセージ」

 人気アイドルグループ・NMB48の20作目となるシングル「床の間正座娘」が、初週19.7万枚を売り上げ、3/4付オリコン週間シングルランキング(集計期間:2月18日〜24日)で初登場1位を獲得した。これで『ドリアン少年』(2015年7月発売)から9作連続、通算18作目の1位となった。その新曲についてNMB48のキャプテン・小嶋花梨は、「衝撃的なタイトルなので、どんな意味の歌なのだろうと歌詞をよく読むと秋元先生から今のNMB48へのメッセージなんだなと感じられる部分もあって、意味の深い曲だと思います」と語る。

 本作は、恋に対して古風で真正面な乙女心を歌ったポップチューンで、曲間の合いの手が楽曲を盛り上げている。ミュージックビデオでは、冒頭の襖を横切る場面や正座から始まるダンスなど、「原点回帰」となるデビュー曲「絶滅黒髪少女」(2011年7月発売)をオマージュしたシーンが印象的な仕上がりとなっている。

 また、チームも再編成するなど新体制となり、小嶋は「新チームすごく楽しみです。チームごとのカラーをどんどん出して今までになかった新しいことにも挑戦していきたいです。チームそれぞれが刺激し合って成長して、NMB48として全員がひとつになった時により強くなれたらいいなと思います」と意気込んだ。

 さらに、3月26日からは、約7年ぶりとなる近畿ツアー『NMB48 近畿十番勝負 2019』を開催することが決定しており、「新体制になってすぐなのでチームのカラーが完成しきっているわけではないので、ファンの方をいい意味で裏切るようなパフォーマンスをしたいです」(小嶋)と気合も十分のようだ。

 なお、4月5日には昨年10月の8周年記念公演と、11月に行われた山本彩の卒業公演と特別卒業公演を収録した映像作品『NMB48 3 LIVE COLLECTION 2018(仮)』が発売される。

◆NMB48キャプテンの小嶋花梨より喜びのコメント

――最新シングル「床の間正座娘」が、3/4付オリコン週間シングルランキングで9作連続、通算18作目の1位を獲得されました!今のお気持ちをお聞かせください。
【小嶋】 とにかくすごく嬉しいです! 応援してくださっているファンの皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。この記録を更新し続けていきたいです。

――節目の20枚目となる今作の聴きどころをお聞かせください。また、ミュージックビデオではデビュー曲「絶滅黒髪少女」をオマージュしたシーンなどが話題となっております。撮影中のエピソードや、見どころをお聞かせください。
【小嶋】 衝撃的なタイトルなので、どんな意味の歌なのだろうと歌詞をよく読むと秋元先生から今のNMB48へのメッセージなんだなと感じられる部分もあって、意味の深い曲だと思います。最初正座から始まったり、クールな部分もあればシュールな所もあってNMB48にしかできないパフォーマンスだと思うので細かいところまで見て頂きたいです。

――新キャプテンに小嶋花梨さんが就任し、チームも再編成するなど新体制のNMB48になりました。新体制になった感想、またこれからのグループの目標などをお聞かせください。
【小嶋】 新チームすごく楽しみです。チームごとのカラーをどんどん出して今までになかった新しいことにも挑戦していきたいです。チームそれぞれが刺激し合って成長して、NMB48として全員がひとつになった時により強くなれたらいいなと思います。NMB48としての目標は京セラドームに立つことです。ファンの皆さんと一緒に見たことない景色を見たいです。

――3月には約7年ぶりの近畿ツアー『NMB48 近畿十番勝負2019』が控えています。ライブの見どころや、意気込みをお聞かせください。
【小嶋】 新体制になってすぐなのでチームのカラーが完成しきっているわけではないので、ファンの方をいい意味で裏切るようなパフォーマンスをしたいです。今回は研究生でもライブを1公演させていただきます。きっと想像以上のものを見せてくれるんじゃないかと個人的にすごく期待しています。どのチームも気合十分です!新体制NMB48を一緒に盛り上げていただけたら嬉しいです!


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

関連写真

  • NMB48のシングル「床の間正座娘」が3/4付オリコン週間シングルランキングで初登場1位
  • NMB48のシングル「床の間正座娘」

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年10月21日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年10月21日号

<COVER STORY>
安藤裕康氏(東京国際映画祭 チェアマン)
共同製作の時代における東京国際映画祭の役割
「映画というメデイアを通じて交流の輪を広げる」

<SPECIAL ISSUE>
音楽・映像・書籍
月間マーケットレポート9月度
総売上202.5億円 前月に続き前年比マイナス

お問い合わせ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索