矢沢永吉、迷惑ファンの「出入り禁止」を報告 公式サイトで説明

 歌手の矢沢永吉(69)の公式が21日更新され、一部のファンを「コンサートへの一切の出入り禁止やファンクラブの強制脱会などの等の措置を取らせて頂きました」と報告した。

 「私設応援団のお断りについて」のエントリーで「先般、某雑誌にA氏(仮称)が結成し総会長を務める団体に関する記事の掲載があり、そちらについて多数のお問い合わせを頂戴しましたので、改めて皆様へご案内を差し上げるとともに、ご報告をさせていただきます」と切り出し、A氏の行動について説明した。

 公式サイトでは、矢沢のコンサートではこれまでも「周囲の人に威圧感を与えるような私設応援団の活動、旗振り、特攻服などの威圧行為」をはじめ「周囲に迷惑となる永ちゃんコールの強要・煽り」「飲酒入場」を禁止するというルールを取っていたと伝え、このルールを設けたのは、これらの行為に対するクレームや「行きたいけど怖くて行けない」という声が数多く寄せられたための措置だったとしている。

 しかし、A氏はこれらのルールを守っていなかったようで「某雑誌で紹介されていたA氏の発言と団体の行動は、矢沢永吉の目指す『どなたでも来場しやすいコンサート』への長きに渡る取り組みに対する妨害行為と判断せざるを得ない内容」といい、「これを看過することは、矢沢永吉の方針を自ら否定することにもなりかねません」とし、今後、A氏は「コンサートへの一切の出入り禁止やファンクラブの強制脱会等の措置を取らせていただきました」と報告した。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索