aiko、岡田結実主演“わたおじ”に主題歌提供「しっかりと花を咲かせられます様に」

 シンガー・ソングライターaikoの新曲「愛した日」(発売未定)が、11日スタートの岡田結実主演ドラマ『私のおじさん〜WATAOJI〜』(毎週金曜 後11:15〜深0:15 テレビ朝日系 ※一部地域で放送時間が異なる)の主題歌に起用されたことが明らかになった。

 ドラマは、バラエティー番組制作会社で働くポンコツAD・一ノ瀬ひかり(岡田)を主人公とした痛快社会派コメディー。超過酷ロケで有名なバラエティー『限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!』に配属されたひかりの前に、ある日「妖精」を名乗るおじさん(遠藤憲一)が現れる。彼女にしか見えない妖精は、陽気で毒舌で性格は最悪。しかし、自分が口に出せない本音や愚痴を垂れ流すおじさんに、いつしか影響を受けていく。

 aikoに主題歌をオファーしたテレビ朝日の貴島彩理プロデューサーは「“一生懸命がんばる女の子の背中を押す主題歌”と思ったときに、真っ先にaikoさんが浮かびました。私自身バラエティーAD時代、仕事や恋愛でへこんだ時、aikoさんのいろんな楽曲に力を頂いてきたので、まさかお受けいただけると聞いたときは嬉しくて飛び上がりました!」と感激。

 ドラマの結末はaikoには伝えていなかったというが、「デモがあがってきた時、歌詞がラストシーンにあまりにピッタリと当てはまっていたので、“こんな奇跡があるんだ!”と現場でみんなで感動しました。優しくて愛に溢れた最高の主題歌に、見合うドラマに仕上げられるよう、キャストスタッフ一同、力を合わせて頑張りたいと思います!」と主題歌に刺激を受けて気合いを入れ直している。

 aikoは「何曲か候補があったのですが、これだ!と思う曲をプロデューサーさんと監督さんに聴いていただきました。そしたらとても嬉しい感想を頂けたので本当に嬉しかったです!」と喜び、「私は最終話の話は何も知りませんが、恋愛も友情もそうなったらいいなとどこかで思って最後まで歌詞を書いているので、その言葉言葉がリンクする瞬間があるのならこんな嬉しい事はありませんね」とコメント。「毎週手をぎゅーっとしっかり握りしめて見ています。頑張ってくださいね。私の曲『愛した日』がこのドラマの中でしっかりと花を咲かせられます様に!」と願いを込めた。

 主演の岡田は「より一層ドラマの素敵な部分を音楽の力で引き出していただけて嬉しいです。歌の歌詞などを聴いてると、掴めそうで掴めない人なのにその人の事を考えると前を向けるもう一踏ん張りしてみようかなそんな気持ちにもなれる歌でした。aikoさん最高ー!!!」と絶賛した。

■aikoコメント
皆様お元気でしょうか?
aikoです。
今回このドラマの主題歌のお話を戴いた事、
本当に心から嬉しかったです。
出来上がった曲は何曲か候補があったのですが、
これだ!と思う曲をプロデューサーさんと監督さんに聴いていただきました。そしたらとても嬉しい感想を頂けたので本当に嬉しかったです!

もちろん!私は最終話の話は何も知りませんが
恋愛も友情もそうなったらいいなとどこかで思って最後まで歌詞を書いているのでその言葉言葉がリンクする瞬間があるのならこんな嬉しい事はありませんね。

毎週手をぎゅーっとしっかり握りしめて見ています。頑張ってくださいね。
私の曲「愛した日」がこのドラマの中でしっかりと花を咲かせられます様に!

どうぞよろしくお願いします!

■岡田結実(ドラマ主演)コメント
「私のおじさん」という作品はおじさんの優しさがひかりに当たっているからこそ成り立つドラマでもあると思うのですが、その優しさが音からも歌詞からもaikoさんの歌声からも滲み出ていて聞き終わる頃には優しい気持ちになれる。そんな素敵な音楽が主題歌ということで、より一層ドラマの素敵な部分を音楽の力で引き出していただけて嬉しいです。歌の歌詞などを聴いてると、掴めそうで掴めない人なのにその人の事を考えると前を向けるもう一踏ん張りしてみようかなそんな気持ちにもなれる歌でした。aikoさん最高ー!!!

関連写真

  • 岡田結実主演ドラマの主題歌として新曲「愛した日」を提供したaiko
  • 岡田結実が新人AD、遠藤憲一が“妖精”を演じる新ドラマ『私のおじさん〜WATAOJI〜』

オリコントピックス

メニューを閉じる