稲垣吾郎、14年ぶりソロシングル「SUZUNARI」MV公開 主演ドラマ主題歌

 新しい地図として活動の場を広げる稲垣吾郎の14年ぶりソロシングル「SUZUNARI」のデジタル配信がきょう21日からスタートし、あわせてミュージックビデオ(MV)も公開された。

 稲垣が甘い歌声で魅了するバラード曲は、自身が主演するAmazon Prime Videoのシチェーションバラエティードラマ『東京BTH〜TOKYO BLOOD TYPE HOUSE〜』主題歌。ゲスの極み乙女。川谷絵音が作詞作曲を手がけた。Amazon Music Unlimitedで独占ストリーミング配信をスタートし、iTunes Store、レコチョクでのダウンロード販売も開始される。

 MVでは稲垣演じる主人公が「大人の恋」を回想。カラーとモノクロで交錯させ、切ない想いをスタイリッシュに描きだす。

 なお、鈴木おさむ氏が企画・脚本を手がけるドラマでは、稲垣演じるO型のIT社長・ゴロー、要潤演じるA型の整体師・ジュン、勝地涼演じるAB型の花屋・リョウの3人がシェアハウスを舞台に、血液型あるあるエピソードを展開している。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 主演ドラマの主題歌MVを公開した稲垣吾郎
  • 稲垣吾郎主演のバラエティドラマ『東京BTH〜TOKYO BLOOD TYPE HOUSE〜』のキービジュアル (C)2018東京BTH製作委員会
  • 稲垣吾郎の配信限定シングル「SUZUNARI」ジャケット

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索