アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 【オリコン年間】AKB48、シングルV9達成 9年連続1位・2位独占

【オリコン年間】AKB48、シングルV9達成 9年連続1位・2位独占

 人気アイドルグループ・AKB48がシングル部門で前人未到のV9を達成した。52枚目のシングル「Teacher Teacher」(5月30日発売)が181.9万枚を売り上げ、『第51回 オリコン年間ランキング 2018』(集計期間:2017年12月11日〜2018年12月9日)シングル部門で2010年の「Beginner」以来9年連続で年間シングル1位を獲得。自身が保持する「年間シングル1位連続獲得年数」の歴代1位記録も9年に更新した。

【写真】その他の写真を見る


◆2010年から9年連続、4作同時TOP10入り

 2位は『AKB48選抜総選挙』1位に輝き、センターを務めるはずだった松井珠理奈SKE48)が体調不良による長期休養のため不参加となった53枚目のシングル「センチメンタルトレイン」(9月19日発売/147.2万枚)がランクインし、2010年以来9年連続で1位、2位を独占した。

 また、5位はセンターの宮脇咲良HKT48)が、日韓12人組のガールズグループ「IZ*ONE」(アイズワン)専任となるため、2021年4月まで2年6ヶ月におよぶ48グループ活動休止前最後のシングルとなった54枚目のシングル「NO WAY MAN」(11月28日発売/121.4万枚)。6位はAKB48の14期生でSTU48キャプテンを兼任する岡田奈々が初めてセンターを務めた51枚目の『ジャーバージャ』(3月14日発売/117.2万枚)がランクイン。2010年から9年連続となる「同一アーティストによる4作同時TOP10入り」を達成した。

 期間内のランクイン全シングル作品の総売上金額を合計した「シングルアーティスト別セールス」では61.8億円で8年連続1位となった。さらに、自身が保持する「年間シングルミリオンセールス連続達成年数」の歴代1位記録を8年に更新し、今回で歴代単独1位となった。

◆2018年はグローバルな活動にも力を入れてきたAKB48

 9年連続での年間シングルランキング1位獲得についてメンバーの小栗有以は、「本当に先輩方がずっとつないでくださったからこそ、今の私たちがこのような記録を達成できています。先輩方に感謝ですし、もちろんファンの皆さまのおかげだと思います」と喜んだ。

 さらに、今年発売した楽曲すべてがTOP10内にランクインし、柏木由紀は「印象深い楽曲は『NO WAY MAN』です。AKB48史上最高難度を更新したといわれる振付なのですが、本当に難しくて。皆で何度も何度も練習して、この曲であらためて一致団結できたと思います」と振り返る。「AKB48史上最高難度を更新」と謳った「NO WAY MAN」のMVでは、髪を振り乱して激しく踊るダンスと、これまでにない画面構成や色合いが印象的な作品で話題となった。

 今年は、海外拠点の3グループを交えた史上初の『AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙』や、韓国オーディション番組とのアイドル育成プロジェクト『PRODUCE48』など、グローバルな活動にも力を入れてきたAKB48。来年はさらに、タイ・バンコクでアジアのAKB48グループが集結するアジアフェスティバル『AKB48 Group Asia Festival 2019 in BANGKOK Presented by SHANDA GAMES』の開催や、グループのアジア・ツアーも計画されている。
 そうしたなか、12月8日に東京・秋葉原のAKB48劇場で開催された『13周年記念特別公演』では、AKB48グループ総監督の横山由依が次期総監督として、向井地美音を指名。その向井地は「横山由依さんから次期総監督に指名していただきました。またAKB48を引っ張ってきてくださった先輩である山本 彩さんの卒業や指原莉乃さんの卒業発表とグループにとっても変化の多い2018年でした」と振り返り、「来年は私たち新しい世代がもっともっと頑張って先輩方が築き上げて下さった歴史を未来に繋げていけるように精一杯頑張っていきたいと思います」と意気込んだ。

◆AKB48の柏木由紀、岡田奈々、向井地美音、小栗有以による喜びのコメント

――『第51回 オリコン年間ランキング 2018』の「シングル部門」で、「Teacher Teacher」が、2010年の「Beginner」以来9年連続の年間シングルランキング1位となり、ご自身が歴代1位記録を持つ「年間シングル1位連続獲得年数」を更新。また2位には「センチメンタルトレイン」がランクインし2010年から9年連続の1位、2位独占。「ミリオンセールス連続達成年数」も歴代単独1位となるなど、今回も多数の歴代記録を更新されました。今のお気持ちをお聞かせください。
【小栗有以】 9年連続の年間シングルランキング1位ということで、本当に先輩方がずっとつないでくださったからこそ、今の私たちがこのような記録を達成できています。先輩方に感謝ですし、もちろんファンの皆さまのおかげだと思います。受け継いだバトンを今の私たちが、また2019年につないでいけるように、AKB48にしかできないパフォーマンスをこれからもできるようにがんばります。

――今年リリースした楽曲すべてがTOP10内にランクインするなど、今年も大活躍でした。この1年を振り返ってみていかがでしたか。例えば印象深いパフォーマンスなどお教えください。
【柏木由紀】 印象深い楽曲は『NO WAY MAN』です。AKB48史上最高難度を更新したといわれる振付なのですが、本当に難しくて。みんなで何度も何度も練習して、この曲であらためて一致団結できたと思います。

――2018年、応援してくれたファンの皆さまとの交流で思い出深いエピソードなどありましたらお教えください。またファンの皆さまへのメッセージもお願いいたします。
【岡田奈々】 2018年は『ジャーバージャ』というシングルで初めて単独センターを任せていただいた時に、すごく不安でなかなか自信が持てなかったんですが、ファンの皆さんに「自信持っていいんだよ、私達が支えるから」と、すごく力強いお言葉をいただいて、自信を持つことができ、臆することなくセンターに立つことができました。ファンの皆さまあってのAKB48グループだと思っています。たくさんの偉大な先輩の卒業もありますが、私たちの世代でまた素晴らしい時代を築きあげていきたいと思いますので、これからも応援の程よろしくお願いします。いつもありがとうございます。

――来年も更なるご活躍が期待されます。2019年の抱負をお聞かせください。
【向井地美音】 個人的には先日、横山由依さんから次期総監督に指名していただきました。またAKB48を引っ張ってきてくださった先輩である山本 彩さんの卒業や指原莉乃さんの卒業発表とグループにとっても変化の多い2018年でした。来年は私たち新しい世代がもっともっと頑張って先輩方が築き上げて下さった歴史を未来に繋げていけるように精一杯頑張っていきたいと思います。来年もよろしくお願いします。



■2018年オリコン年間ランキング特集
シングルアルバムアーティストセールスミュージックDVD

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


関連写真

  • AKB48のシングル「Teacher Teacher」が『第51回 オリコン年間ランキング 2018』シングル部門で1位
  • AKB48のシングル「Teacher Teacher」
  • AKB48のシングル「センチメンタルトレイン」が『第51回 オリコン年間ランキング 2018』シングル部門で2位
  • AKB48のシングル「NO WAY MAN」が『第51回 オリコン年間ランキング 2018』シングル部門で5位
  • AKB48のシングル「ジャーバージャ」が『第51回 オリコン年間ランキング 2018』シングル部門で6位

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年2月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年2月11日号

<COVER STORY>
山ア 敏氏(東宝東和 代表取締役社長)
「海外の動向を含め、変化を捉えることで
“輸入配給会社ナンバー1”の看板をしっかりと守る」

<SPECIAL ISSUE>
ライブ・エンタテインメント化が進むスポーツ
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.20

お問い合わせ

オリコントピックス