アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • GENERATIONS、来年の展望明かす「観たことのないエンターテイメントを」

GENERATIONS、来年の展望明かす「観たことのないエンターテイメントを」

 7人組ダンス&ボーカルグループ・GENERATIONSが28日、午後7時から午後9時54分まで約3時間にわたって千葉・幕張メッセより生放送される日本テレビ系音楽特番『Best Artist2018』に出演した。本番後、メンバーの片寄涼太数原龍友小森隼佐野玲於中務裕太が囲み取材に参加した。

 今年を振り返り小森は「元旦からベストアルバムを出させていただいたり、初のドームツアーをやらせていただいたり、毎年『飛躍の年』と言わせてもらえるんですけど夢が実現になったと感じられる一年でした」と手応えをにじませ、片寄は「EXILE TRIBEのなかでも積極的に以前から海外で活動させていただいたので、継続していければGENERATIONSの輪が広げていけるのでは」と展望。

 佐野は「来年もツアーやリリースだったり、今までこうやっていたことをなぞるのではなく、みなさんがワクワクできる、観たことのないエンターテイメントをお見せできるように準備していきたいです」と誓っていた。
 
 番組では最新曲「少年」を披露。過去の自分に向けた、夢に挑戦する気持ちをそっと押してくれるノスタルジックでエモーショナルなメッセージを込めたバラードだ。ボーカルの数原は「10年前の自分は本当に救いようのないお馬鹿だったんですけど、そんな時、自分を支えてくれたのが大先輩・EXILEの存在。そういう音楽に助けられ歌に救われた自分に向け、進もうとしていた道は間違ってないと届けたいなと」と歌に込めた熱い想いを明かした。

 なお、地上波放送と並行してWEB上(Twitter、ニコ動、Facebook、YouTube、番組公式HP)ではMCの古坂大魔王、アナウンサーの青木源太・佐藤梨那によるトークコンテンツ『裏配信☆大魔王の部屋』を配信中。



オリコントピックス