アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 関西ジャニーズJr.人気過熱…3万8000人が“関ジュ”に恋をした 関ジャニがサポート

関西ジャニーズJr.人気過熱…3万8000人が“関ジュ”に恋をした 関ジャニがサポート

 関西ジャニーズJr.のコンサート『関西ジャニーズJr. LIVE 2018 Fall in LOVE 〜秋に関ジュに恋しちゃいなよ〜』が4日、大阪・梅田芸術劇場で千秋楽を迎えた。今回の公演で7人組新ユニット「なにわ男子」も始動し、西畑大吾は「あっという間の2週間だった」と充実した20公演を振り返った。

 関西ジャニーズJr.は、今年だけで全130公演を行うなど精力的に活動。今回は総勢46人が勢ぞろいし、全20公演計3万8000席に対し、申し込み総数は約70万件におよぶ過熱ぶりとなっている。

 さらに、関ジャニ∞のメンバーが「後輩たちに、自分たちにできるサポートをやりたい」と買って出た。大倉忠義横山裕が演出面を手伝い、丸山隆平が映像で出演。安田章大は関西ジャニーズJr.オリジナルの新曲を提供するなど後輩たちの魅力を後押しした。

 オリジナル曲をはじめ、先輩ジャニーズグループのヒット曲を自分たちなりにアレンジした「ジャニーズメドレー」、楽器ができるメンバーによるバンドスタイルでの生演奏などアンコール含む全33曲を披露。9月に結成され、今回の公演の初日にお披露目された、西畑大吾、大西流星道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也からなる7人組新ユニット「なにわ男子」はオリジナル曲「なにわ Lucky Boy!!」を全力で披露した。

 ほかにも、自分たちでがっつりネタを作りこんだ漫才、朗読と一発ギャグが対決する「異種格闘技戦」、メンバー総出で全力の「ヲタ芸」を披露するなど、関西ならではのノリと笑い、キラキラしたアイドル性が凝縮されたステージで2時間以上にわたって観客を沸かせた。

 11月30日からは関西ジャニーズJr.『X'mas SHOW 2018』(全35公演)が大阪松竹座でスタート。年明け1月3・4日には2年連続となる大阪城ホール2daysも決定しており、勢いをさらに加速させそうだ。



オリコントピックス