• ホーム
  • 音楽
  • ベイビーレイズJAPAN、9・24で解散を発表 6年の活動に幕

ベイビーレイズJAPAN、9・24で解散を発表 6年の活動に幕

 5人組アイドルグループ・ベイビーレイズJAPANが、9月24日をもって解散することが25日、わかった。グループの公式サイトで発表された。ラストライブは富士山のふもとの「山中湖交流プラザ きらら」で行われ、6年の活動に幕を下ろす。

【試聴】ベイビーレイズJAPANの主な配信楽曲


 公式サイトでは「親愛なる虎ガーのみなさまへ」と題し、「この場を借りて、皆様に大切なご報告がございます。ベイビーレイズJAPANが2018年9月24日をもちまして解散することになりました。突然の発表となり、大変申し訳ございません」と報告。

 解散の経緯については「昨年、結成5周年を迎え、野外ワンマンライブ3連戦をやり切ったタイミングで、スタッフとメンバーで、今後の活動について話し合う機会が増えていきました。今まで走り抜けてきた分、一度止まって振り返り、未来を考える必要があったからです」と説明。「何度も話し合いを重ねた結果、この先、全員で同じ方向を向いて活動することが出来ないという結論に至り、メンバー・スタッフ全員で『解散』という選択を致しました」と明かした。

 ラストライブの会場として、野外の山中湖交流プラザ きららを選んだことについては「すこしアクセス面で難がある会場ではございますが、日本を象徴する山である富士山を背負ったステージで、そのパワーと虎ガーの皆様の力を借り、史上最高の景色をお見せしたいと思います」と決意表明した。

 リーダーの傳谷英里香は「ベイビーレイズJAPANは、私の青春であり、財産です。9月24日、ラストワンマンライブ6年間の想いと全てを賭けます。是非、目に焼き付けにきてください」、センターの林愛夏は「大学進学や恋愛を後回しに、ベビレに全てを注いだ事と金髪にした事が、私の人生を大きく変えました。グループの活動に集中して全力を尽くした事は、自信となりました。ベビレでの様々な経験を力にして、強く生きて行きます。どうか、メンバーの今後の応援もお願い出来たらと思います」と呼びかけている。

 同グループは大矢梨華子(21)、傳谷英里香(22)、林愛夏(23)、高見奈央(21)、渡邊璃生(18)からなる5人組。同じ事務所の先輩で元アイドリング!!!の菊地亜美が結成時からかかわり、2012年5月に「ベイビーレイズ」として結成、同年9月26日にCDデビューした。2年後の14年までに、日本武道館公演ができなければ解散という公約があったが、14年12月18日に日本武道館開催を決定し、解散を回避。15年から「ベイビーレイズJAPAN」に改名した。13年放送のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の劇中歌「暦の上ではディセンバー」を歌唱していたことでも話題となった。

■ベイビーレイズJAPAN メンバーのコメント

▽大矢梨華子
突然の発表で驚かせてしまいごめんなさい。
6年間夢のような景色をたくさん見せてくれてありがとう。
私達の青春を一緒に走ってくれてありがとう。
虎ガーさん、スタッフさん、家族、親友、そしてメンバーには言葉で言い表せないくらい感謝しています!
この気持ちを9月24日に全力でぶつけたいと思いますので、最後まで応援宜しくお願い致します!!!

▽傳谷英里香
メンバーである、りか、まなつ、なお、りおの4人は、私にとって本当に大切で愛おしい存在です。
共に色んなことを乗り越え、絆を深めてきました。
今でもこの想いは、一緒に過ごしてきた時間は、変わることないかけがえのないものです。
携わってくださっているスタッフの皆様は、素敵な環境を与え、支えてきてくださりました。
虎ガーさんの一人一人の応援は、力の源でした。
皆様の気持ちや声援、ステージから見える、その拳と笑顔が、私達をここまで引っ張ってきてくれました。本当にありがとう。
リーダーとして、グループがどうあるべきか、私に出来ることは何か、毎日のように考えてたよ。
いつだってベビレは私の生活の中心で、決して"楽しい"だけじゃないことも多くあったけど、全てに向き合い、色んな状況や人と戦ってきた。大切だから。
いつかにも話したように、直接的に側に居ることは不可能でも、音楽が一人でも多くの人の側で生きることが出来るのなら、それは幸せであり、願いです。
そして、これからもメンバーが歩む道を、応援して頂けると嬉しいです!
ベイビーレイズJAPANは、私の青春であり、財産です。
9月24日、ラストワンマンライブ6年間の想いと全てを賭けます。
是非、目に焼き付けにきてください。

▽林愛夏
私達は解散する事になりました。
6年間を振り返ると、いつも虎ガーの皆がいてくれた、愛おしい想い出ばかりです。
凄く辛い時には、戴いたお手紙やメッセージに沢山励まされました。
バースデーの寄せ書きは、部屋に飾ってあるんですよ。
応援して下さり本当に嬉しかったです!本当に、沢山沢山ありがとうございました。
大学進学や恋愛を後回しに、ベビレに全てを注いだ事と金髪にした事が、私の人生を大きく変えました。グループの活動に集中して全力を尽くした事は、自信となりました。
ベビレでの様々な経験を力にして、強く生きて行きます。
どうか、メンバーの今後の応援もお願い出来たらと思います。
携わって下さったスタッフの皆様、私たちを支え、育てて下さり、本当にありがとうございました。
アイドルの皆様、共演者の皆様、大変お世話になりました。ご一緒することが出来て、本当に幸せでした。
9月にベイビーレイズJAPAN最後のLIVEを行います。
是非、5人一緒の姿を見に来て下さい。
素晴らしい楽曲達を、最後に皆で一緒に歌いたいです。
ベビレのセンターをできた事は誇りです。6年間、本当にありがとうございました。
みんなに出会えて良かった!幸せでした。

▽高見奈央
驚かせてしまってごめんなさい。
この約半年間、ずっと悩み、考えてきました。
メンバーやスタッフさん、虎ガーが大好きだからこそ、夜も眠れず、たくさんぶつかってもなかなか結論が出せませんでした。
みんなを不安にさせてしまった事、本当に申し訳なかったと思っています。
はじめは気持ちも目標もバラバラだった5人。
それでも、結成2ヶ月で迎えた初ステージ、デビューから2年で立った武道館、グループ名の改名…いくつもの試練を乗り超えて、みんなで叶えたい夢や守りたいものができました。
約6年間、誰一人欠けることなくここまで続けられたことは、本当に奇跡だったと感じています。
それも、虎ガーのみんなが私たちの夢に向かって一緒に走ってくれたおかげです。本当にありがとう。
私は、本当に本当に、このグループが大好きです。
ラストライブは、大好きなみんなと一緒に笑顔でゴールテープをきりたいです。
「ベビレのライブは"最新が最高"」という事は、今もずっと思っている事です。
見に来てくれた全員を楽しませる自信があるので、是非来てください!
9月24日まで、応援よろしくお願い致します。

▽渡邊璃生
この度は、解散の発表をすることになってしまい、誠に申し訳ありません。
このグループでやりたいこと、目標もたくさんありましたが、この5人でなきゃベイビーレイズJAPANではないと強く思い、発表に至りました。
2012年からベイビーレイズとして活動してきて、ベイビーレイズJAPANに改名してから今に至るまで、ひとりも欠けずにこうして活動できたことを誇らしく思います。
これまでの活動を思い出すと、いいことも悪いこともたくさんあって、そのすべてが充実した時間でした。
それもこれも、ベイビーレイズJAPANというアイドルを知ってくださり、応援してくださった方々のおかげです。ありがとうございます。
わたしたちの時間は残りわずかとなってしまいますが、最後まで笑顔で走り抜けたいと思います。
9月24日は、ベイビーレイズJAPANのラストに相応しい、最高のライブにしたいです。
そのライブを、より多くの人に見届けてもらいたいと思っています。
皆さまのご来場、お待ちしています。



オリコントピックス