• ホーム
  • 音楽
  • キンプリ永瀬、W杯日本代表から刺激「日本の皆さんを感動させられるグループに」

キンプリ永瀬、W杯日本代表から刺激「日本の皆さんを感動させられるグループに」

 ジャニーズ事務所の人気グループ・King & Princeが、『オリコン上半期ランキング2018』で新設されたアーティスト別セールス部門 新人ランキング1位に輝き、29日、東京・六本木のオリコンで行われた授賞式に出席した。サッカー好きの永瀬廉は、W杯日本代表がグループリーグを突破したことについて「僕自身を含め日本の皆様が感動をもらったと思う。だからこそKing & Princeも、日本の皆さんを感動させられるアイドルグループになっていけたらと、日本代表から刺激をもらいました」と奮起した。

 小学校3年生から5年生までフットサル、6年生から中学2年生までクラブでサッカーを経験してきた永瀬は、その後もサッカー熱が止まらず「次のベルギー戦は(エデン・)アザール選手、(ロメル・)ルカク選手、非常に怖いですね」と真剣に分析。試合中も声を出して応援してしまうそうで、一緒にテレビ観戦してたという平野紫耀から「本当うるさかった」と苦笑され、高橋海人からも「サッカーの話熱いね」と突っ込まれていた。

 また、今回グループとして快挙を成し遂げたが、個人としては平野が『2018上半期ブレイク俳優(男優)ランキング』で第4位を獲得。これを知った平野は「え!? 誰が!? 俺ですか!?」と驚き。岸優太は「紫耀が結果を残してくれると僕たちとしても刺激になりますし、僕たちとしてもそのグループに貢献できるような一人ひとりになりたい。いつかは彼のように結果を残していって、デカイグループになりたくないですか?」と顔を見合わせ意気込んでいた。

 メンバーそれぞれの個人仕事も気になるようで、岩橋玄樹は平野が出演したTBS系ドラマ『花のち晴れ〜花男Next Season』も「もちろん、主題歌にさせていただいたので見てました。今度はぜひ僕のプライベートの野球を見に来て」とリクエスト。平野が「なんでだよ、『シンデレラガール』かかってるなら行くわ」といえば「登場曲で流す」と宣言。「草野球でしょ?」と首をかしげる平野に、永瀬は「いいピッチング頼むわ」と期待を寄せていた。

 デビューシングル「シンデレラガール」は、同作は期間内に62.6万枚を売り上げ、上半期シングルランキング5位にランクイン。音楽ソフト(シングル、アルバム、ミュージックDVD、ミュージックBlu-ray Disc)の総売上で上半期8.7億円を記録。人気を実感する瞬間について神宮寺勇太が「カラオケによく行くんですけど、自分たちの曲があると(実感する)。ただ、一人じゃ歌えない」とうれしい悲鳴をあげながら、人気を実感。高橋は「電車で疲れて隣で居眠りしているおじさんのイヤホンから音が漏れて『シンデレラガール』が聞こえた。これからは大人の男性のことも考えていかなきゃ」と新境地開拓を狙っていた。



関連写真

  • King & Prince(左から)高橋海人、永瀬廉、平野紫耀、岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹 (C)ORICON NewS inc.
  • King & Prince(左から)高橋海人、永瀬廉、平野紫耀、岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹 (C)ORICON NewS inc.
  • King & Princewを表彰 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス