• ホーム
  • 音楽
  • アンカフェ、来年1月で活動休止「この5人で続けられないのであれば」

アンカフェ、来年1月で活動休止「この5人で続けられないのであれば」

 デビュー15周年を迎えるビジュアル系ロックバンド、アンティック-珈琲店-(アンティック・カフェ、通称アンカフェ)が、来年1月5・6日の東京・EX THEATER ROPPONGI公演をもって現体制での活動を休止することが22日、わかった。バンドの公式サイトで発表された。

 メンバーと所属事務所、レーベルの連名でコメントを発表。「今年でデビュー15周年を迎え、みく、takuya、カノン、ゆうき、輝喜の5人で、応援してくださる皆様のお力添えをいただきながら、走り続けてきたアンティック-珈琲店-ですが、この度、2019年1月5日(土)、6日(日)開催の『LIVE CAFE 15th Anniversary Year Grand Finale』EX THEATER ROPPONGI 公演をもちまして、現体制での活動を休止させていただくことをご報告させていただきます」とファンに報告した。

 活動休止の理由について「15周年という節目に、今後の活動のことやメンバーそれぞれの将来について、何度も話し合いを重ねて参りました。takuya、ゆうきは『音楽活動はやり遂げた。』カノン、輝喜は『別の道で歩んでいきたい』。みくは、『アンティック-珈琲店-の楽曲を歌い継いでいきたい』という意識が揺るがなく、あらゆる可能性を踏まえてクルー、スタッフ共にアンティック-珈琲店-という形を残すことに尽力してきましたが、『この5人で続けられないのであれば』という思いがあり、最終的に現体制での活動休止という道を選ぶこととなりました」と説明。「休止後の活動につきましては、改めて皆さんにお伝えする機会を作りたいと思っております」としている。

 2003年5月に結成され、15年8月にメジャーデビューしたアンカフェは、みく(Vo)、takuya(G)、カノン(B)、ゆうき(Key)、輝喜(Dr)の5人組。シングル26作、オリジナルアルバム6作を発表した。5人での活動は来年1月に終了し、個々に活動を行う予定。



オリコントピックス