• ホーム
  • 音楽
  • 布袋寅泰、ギター選びのコツは「弾きづらいギター」 おなじみ“ギタリズム”柄の変更も言及

布袋寅泰、ギター選びのコツは「弾きづらいギター」 おなじみ“ギタリズム”柄の変更も言及

 ロックミュージシャンの布袋寅泰が16日、都内で開催されたイベント『FENDER CUSTOM SHOP EXHIBITION』でトークショーを開催。ギター選びをする際のポイントを語った。

 1988年発売のエリック・クラプトンモデルから始まったフェンダーアーティストモデルの30周年を記念してのイベント。最新のFENDER CUSTOM SHOPの作品の中から選りすぐった約200本の逸品が一堂に会するギターファン垂涎のスペシャルな空間となった。

 この日はマスタービルダーのポール・ウォーラーさんとテレキャスターをオーダーすることに。5本並んだギターを見て布袋は「昔はセクシーなギターについつい行ったけど、今は会話が楽しめるギターに」とうきうきが止まらない様子だった。

 「人が見てる前で試奏するのは、一番嫌なんだよね…」と言いながらも華麗なテクニックで会場を沸かせた。試奏を終えると「完璧なギターっていうのはなかなかない」と言い切り「そのギターを完璧にするのは弾き手との関係性」と自身の哲学を語った。そういった考えもあり「僕は弾きづらいギターをあえて選んできた。それによって誰でもない自分のスタイルに」と説明。「自分にとって大切なギターはフレーズやリフを呼び起こしてくれる。うちで一生懸命、音を楽しんだり、練習をしたりするギターと、実際に曲作りやステージでパフォーマンスで自分を表現するギターは違いますので」とギターの使い分けにも言及した。

 布袋と言えば白と黒の「ギタリズム」柄が有名。それも新しいカスタムギターは「布袋モデルと呼ばれている柄を施してもいいし、あえて離れてもいい。何色にしたいとかはないけど個性的なものがいいですよね」と構想を語り「ワイルドだけどエレガントでありたい」と希望を伝えていた。

「ポールさんはいい人だし、いいギターができそうな気がする」とにっこり。ポールも米・カリフォルニアの工場に招待していた。名前のプランを聞かれると「僕の最後のテレキャスターになるかもしれないから『キング・オブ・テレキャスター』で」らしくネーミング。そして「『FENDER』を『HOTEI』にしちゃマズいですか」と無茶ぶりしたがポールは「弁護士から言われているので…」と苦笑いで契約社会の米国らしい返答をしていた。

 布袋のカスタムギター製作工程はFENDERのホームページに随時アップされる予定。



関連写真

  • ギターについて熱く語った(左から)布袋寅泰、ポール・ウォーラー氏 (C)ORICON NewS inc.
  • ギターについて熱く語った(左から)布袋寅泰 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス