• ホーム
  • 音楽
  • 西城秀樹さん通夜しめやかに… 祭壇は「大阪球場」を再現

西城秀樹さん通夜しめやかに… 祭壇は「大阪球場」を再現

 今月16日に急性心不全のため亡くなった歌手・西城秀樹(本名:木本龍雄、享年63)さんの通夜が25日午後6時より、しめやかに営まれた。多くの著名人、ファン、関係者が訪れ、故人との別れを惜しんだ。

【写真】その他の写真を見る


 祭壇は、1974年にソロ歌手で日本初となる単独野球場コンサートを開催した「大阪球場」を再現。外野スタンドをモチーフに照明や、色鮮やかな花が約1000本が添えられ、西城さんが常に愛用したマイクとスタンドも飾られた。遺影は2001年に撮影。

 斎場には、郷ひろみ(62)、野口五郎(62)とともに撮影した「新御三家」の3ショット写真が大きく設置され、ファン向けの祭壇も特設された。開始時刻前から長蛇の列が作られ、参列していた50代の女性は「あまりにも突然でびっくりしました。彼が残した功績は改めてすごい。最後に『ありがとう』を伝えたい」と話していた。

 法名は修音院釋秀樹(しゅうおんいんしゃくひでき)。「修」は父親の名前から1文字を取り、「音」は音楽界で歌を通じて世界中の人たちに夢を与えた偉大な功績を表した。そして「秀樹」の名は、芸名として長く親しまれ、読み方もそのまま法名にしたという。

 西城さんは、広島県出身。1972年に「恋する季節」で歌手デビュー。翌年には「ちぎれた愛」、その後も「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」をはじめ、「薔薇の鎖」「ギャランドゥ」などの人気曲を歌った。また、トップアイドルの仲間入りを果たし、郷、野口とともに「新御三家」と呼ばれた。48歳だった2003年、56歳だった2011年にも脳梗塞を発症。2度目の脳梗塞では右半身まひという後遺症を負ったが、復帰に向けてリハビリに励んでいた。



関連写真

  • 西城秀樹さんの通夜がしめやかに (C)ORICON NewS inc.
  • 斎場の入り口には“新御三家”の写真が飾られた (C)ORICON NewS inc.
  • 若かりし頃の写真も (C)ORICON NewS inc.
  • 西城秀樹さんの通夜がしめやかに (C)ORICON NewS inc.
  • 西城秀樹さんの通夜がしめやかに (C)ORICON NewS inc.
  • 西城秀樹さんの通夜がしめやかに (C)ORICON NewS inc.
  • 西城秀樹さんの通夜がしめやかに (C)ORICON NewS inc.
  • 斎場の入り口には“新御三家”の写真が飾られた (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス