• ホーム
  • 音楽
  • 多国籍NCT 127が日本デビュー 仲良しの秘けつは「信頼と配慮」

多国籍NCT 127が日本デビュー 仲良しの秘けつは「信頼と配慮」

 東方神起SUPER JUNIORSHINeeEXOらが所属するS.M.エンターテインメント所属の男性9人組グループ・NCT 127(エヌシーティー イチニナナ)が23日、東京・お台場パレットプラザで日本デビューミニアルバム『Chain』(23日発売)のリリース記念イベントを開催した。

【写真】その他の写真を見る


 あいにくの雨模様にもかかわらず、約2000人のファンが集結。「Limitless」「Fire Trucks(韓国語Ver)」、「Chain」の3曲をパフォーマンスし、黄色い歓声が飛び交った。同グループは、日本・韓国・中国・アメリカ・カナダと多国籍のメンバーで構成されているが、唯一の日本人で大阪出身のユウタは「Chainのタイトルどおり、皆様と切っても切れない関係を築いていきたいです」と呼びかけた。

 MCではアルバムにまつわるトークを展開。日本デビュー作の1曲目「Dreaming」にちなみ、「夢見ていること」の質問にテイルは「もっとみなさんお会いしたいということです」と、100点満点の回答で沸かせた。

 囲み取材では最近よく使う日本語を質問され、ゆりやんレトリィバァのネタで「調子のっちゃってー」を披露。メンバーの仲良しの秘けつについてはテヨンが「信頼と配慮です」と答えた。そして、グループの目標を聞かれると、ユウタは「最終的には東京ドームです」と先輩たちに続くことを誓った。



関連写真

  • 日本デビューしたNCT 127(前列左から)へチャン、ウィンウィン、ユウタ、テヨン、テイル (後列左から)ジャニー、マーク、ジェヒョン、ドヨン
  • 「Chain」など3曲をパフォーマンス
  • 雨の中、約2000人のファンが集まった
  • (左から)ジャニー、へチャン、マーク、ユウタ、テヨン、ジェヒョン、ウィンウィン、テイル、ドヨン、

オリコントピックス