• ホーム
  • 音楽
  • 『Mステ』13歳のキッズダンサーTAKERU、さかなクン、島茂子ら初登場続々

『Mステ』13歳のキッズダンサーTAKERU、さかなクン、島茂子ら初登場続々

 11日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』(毎週金曜 後8:00)は、「コラボSP」と題し、出演アーティストがそれぞれスペシャルゲストとともに、Mステならではのスペシャルコラボパフォーマンスを生披露する。注目は、Mステ初登場、三浦大知も絶賛する若きダンサー・TAKERU。CMソングとしても話題の新曲「泣きたいくらい」を歌う大原櫻子とコラボレーションする。

 TAKERUは、2月に放送されたMステ「ダンスSP」の際に、三浦がその名前を挙げ、「表現力がすごい」「この年齢(13歳)にしてダンサーにしかできない演技的な表現、しぐさを身につけている」と、絶賛していた“キッズダンサー”。今回のコラボのリハーサルのため、7日に大原とTAKERUは初対面。まだ13歳、しかも全国ネットの生放送に初めて出演するとあって、早くも緊張気味のTAKERUは、なかなか大原と目を合わせられない状態だったが、踊りだすと中学1年生とは思えないキレのいいダンスを見せ、大原を感動させていた。

 今回は、TAKERU自ら、振り付けを考案。「泣きたいくらい」という曲のタイトルにちなんで最後にTAKERUから大原にあるモノを手渡すという、粋な演出が用意されているという。いったいどんなパフォーマンスになるのか!?

 かつて『笑っていいとも!』にレギュラー出演していた経験があり、番組MCのタモリとも交流が深い、お魚博士のさかなクンが、「ギョギョッ!」とMステに初登場。“東京スカパラダイスオーケストラ feat.さかなクン”として、さかなクンがMステ初登場を果たす。CM曲「Paradise Has No Border」に加え、かつての大ヒットソング「およげ!たいやきくん」をテレビ初披露する。

 「水槽がたくさん並んでいる部活」と勘違いして、中学時代、吹奏楽部の門を叩いたというさかなクン。今回は、バスサックスとクラリネットの演奏にも挑戦。スカパラとの共演を「夢のよう」だと興奮気味に語るさかなクンだが、コラボするスカパラも「合わせるたびにうまくなる!」と、さかなクンの演奏技術を絶賛しており、その巧みな演奏&歌声で、視聴者をギョギョっと驚かせるに違いない。また、“生トーク”では、どんな“お魚ダジャレ”が飛び出すのか!?

 このほか、TOKIO城島茂にそっくりな女性歌手・島茂子が、Mステ初登場。TOKIO・松岡昌宏主演のドラマ『家政夫のミタゾノ』(同局)の主題歌「戯言」を、テレビ初披露する。スタジオにはなんと、アノ人も登場するといううわさが…!?

 「3週連続初登場BAND企画」のラストを飾るのは、若い女性を中心に人気の女性4人組バンド・CHAI。“かわいい”の概念をひっくり返す“NEOかわいい”をコンセプトに活動している彼女たちが、自身の代表曲「N.E.O.」を、映像を使った演出で生パフォーマンスする。

 乃木坂46は、生駒卒業後・新体制フルメンバー42人で初登場。ストリングスをバックにMステならではのスペシャルパフォーマンスで「シンクロニシティ」を披露する。さらに、日本一の一輪車グループ・ミラクルが乃木坂46のヒット曲「インフルエンサー」をパフォーマンスするVTRも紹介される。

 VTR企画では、「10代に聞いた、親から教えてもらったコラボ・デュエット曲ランキング」を発表。



関連写真

  • 大原櫻子(左)が新曲で気鋭のキッズダンサーとコラボ。三浦大知も絶賛する若き才能・TAKERU(右)が5月11日放送、『ミュージックステーション』に初登場(C)テレビ朝日
  • 東京スカパラダイスオーケストラ feat.さかなクンとして、さかなクンが初登場(C)テレビ朝日

オリコントピックス