• ホーム
  • 音楽
  • 嵐、高校野球100回大会を歌で応援 楽曲提供はゆず・北川悠仁

嵐、高校野球100回大会を歌で応援 楽曲提供はゆず・北川悠仁

 人気アイドルグループ・が、「2018ABC夏の高校野球応援ソング/『熱闘甲子園』テーマソング」を担当することになり、26日に兵庫・西宮の甲子園球場で会見を開いた。

【写真】その他の写真を見る


 楽曲タイトルは、日本に古くから伝わる“夏らしくまぶしく吹き抜ける風”を表す言葉「夏疾風(なつはやて)」。ゆず・北川悠仁が書き下ろした。「熱闘!高校野球100回スペシャルナビゲーター」を務める相葉雅紀は、「北川さんらしい、さわやかさと力強さのある、前向きな歌。選手の皆さんの背中を押す一曲になったらいいな、と思いながら歌わせていただきました」と、感慨ひとしおの様子だった。

 高校野球の聖地・甲子園で行われた会見は、高校野球の熱心なファンである相葉を喜ばせる演出が盛りだくさん。まず、本物のウグイス嬢による場内アナウンスでメンバーを呼び込み、「1番、サード、相葉くん」「2番、セカンド、大野くん」「3番、ファースト、二宮くん」「4番、ピッチャー、櫻井くん」「5番、キャッチャー、松本くん」の順で、一塁側ベンチから登場。バックスタンドのスコアボードにもメンバーの名前が並ぶ徹底ぶりだ。

 5人そろったところで、司会のヒロド歩美アナウンサー(ABC)による会見の開始が宣言されると、プレイボールを告げるサイレンが球場に鳴り響いた。高校野球の試合さながらの演出に5人は「おおー!」と声をあげて大喜び。とくに相葉は「スコアボードに僕らの名前が出るなんて信じられないですね。甲子園の砂をもって帰ります」と大興奮だった。ちなみに登場時の打順とポジションを決めたのも相葉。

 「僕は、少年野球チームでサードをやっていた。大野くんは職人タイプなので2番。二宮くんはサウスポーなのでファースト。櫻井くんは以前、剛速球を投げていたので(ドラマ・映画『木更津キャッツアイ』の役)。松本くんは小学生の頃、少年野球チームでキャッチャーやっていた」と、こだわりの采配を明かした。

 日本の夏の風物詩でもある全国高校野球選手権大会は、1915(大正4)年に「全国中等学校優勝野球大会」(当時は豊中球場で開催)として始まり、戦争での中断をはさみ、今年、が100回目の開催となる。会見では、スペシャルナビゲーターの相葉だけでなく、節目の大会を歌で応援することになった嵐のほかのメンバーも一様に喜びを語った。

 櫻井翔が「嵐の楽屋では、春・夏の高校野球の大会中のテレビのチャンネル権は相葉くんにある。相葉くんが見ているのを僕らも横で一緒に見ていたので、こうして、僕らが応援ソングを歌わせてもらえるなんて。相葉くん、ありがとう」と言って、頭を下げると、大野智二宮和也松本潤も続いて一礼し、5人で笑い合った。

 高校野球の魅力について、二宮は「流れが変わった瞬間が目に見えるところ」と話し、「どんな天才選手がいようと、両校に力量の差があろうと、一気に試合が展開していく瞬間がある」と毎年展開される予測できないドラマのドキドキ感を力説。櫻井は「出場校のドラマを知ると胸がいっぱいになる。それぞれのドラマがいっぱい詰まった大会なんだなと実感します」と、話した。

 「バント」と「バウンド」を勘違いして笑いを誘った大野は「甲子園に来られること自体が特別なこと。僕のように野球にあまり詳しくない者がグラウンドに立っていいのかと(笑)。でも、今年はテーマソングを歌わせていただいていることですし、僕なりの応援ができればと思っていま」と、少し興味が沸いてきたよう。

 対照的に松本は「小学生の頃、テレビで高校野球を見ながら、いつか自分も甲子園に行くんだ、と思って野球をやっていました。なので、きょうは特別な日ですね。野球という形ではないけど、この場に立てたことが夢のようです」と語り、「100回を重ねても、その年の高校野球は一度きりです。球児のみなさんをはじめ、応援している家族のみなさんや学校のみなさんを勇気づける曲になればと願っています」と曲に込めた思いを明かした。

 二宮は「高校野球は流れが変わった瞬間が目に見えるところが、一つの魅力。どんな天才選手がいようと、両校に力量の差があろうと、一気に試合が展開していく瞬間がある」と毎年展開される予測できないドラマのドキドキ感を力説。「今年の大会で起こるドラマはずっと消えない。将来、みんなが集まったときにもこれを聞けばこの夏の思い出が蘇るような曲になればいいなと思います」と期待を寄せた。

 最後に相葉は「選手の皆さんには全力を尽くして悔いのないように頑張っていただけたらと思います。頑張ってください」と、エールを送っていた。

 嵐が歌う「夏疾風」は、ダイジェスト番組『熱闘甲子園』(ABC・テレビ日朝日系)のテーマソングをはじめ、大会期間中、ABCで連日放送される高校野球中継、甲子園出場決定までの全国地方大会結果を紹介する『速報!甲子園への道』(ABC・テレビ日朝日系)、そのほか、テレビ、ラジオの高校野球関連番組で使用される。

■ゆず・北川悠仁のコメント

 長年親交のある嵐さんから楽曲提供のお話をいただき、とても光栄でうれしかったです。今回は『熱闘甲子園』のテーマソングということで、甲子園×嵐さんのコラボでどういう化学反応が生まれるのか。多くの高校球児はもちろん、スペシャルナビゲーターを務める相葉さん、そして日々頑張っているさまざまな方の背中を力強く押せるような楽曲にしたいと思い、制作に取り組みました。

 また、僕は嵐の楽曲の中に好きな楽曲がたくさんあり、普段からよく聴いていたので、頭の中で5人の歌声を響かせながら曲作りを進めていきました。高校球児たち、そして多くの皆さんの夢が、「夏疾風」によってこの夏、輝くことを願っています。



関連写真

  • 聖地・甲子園球場に嵐のメンバー5人集結。夏の高校野球100回記念大会「2018ABC夏の高校野球応援ソング/『熱闘甲子園』テーマソングは嵐が歌う「夏疾風(なつはやて)」に決定 (C)ORICON NewS inc.
  • 会見の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 会見の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 聖地・甲子園球場に嵐のメンバー5人集結。夏の高校野球100回記念大会「2018ABC夏の高校野球応援ソング/『熱闘甲子園』テーマソングは嵐が歌う「夏疾風(なつはやて)」に決定 (C)ORICON NewS inc.
  • 聖地・甲子園球場に嵐のメンバー5人集結。夏の高校野球100回記念大会「2018ABC夏の高校野球応援ソング/『熱闘甲子園』テーマソングは嵐が歌う「夏疾風(なつはやて)」に決定 (C)ORICON NewS inc.
  • 聖地・甲子園球場に嵐のメンバー5人集結。夏の高校野球100回記念大会「2018ABC夏の高校野球応援ソング/『熱闘甲子園』テーマソングは嵐が歌う「夏疾風(なつはやて)」に決定 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス