ミュージシャン池田貴史のソロプロジェクト「レキシ」が7日、今月1日に再オープンしたばかりの東京・江戸東京博物館で行われたスペシャルイベント『再オープン記念WEEK「EDO→TOKYO VISION」江戸東京の歴史・文化とつながる一週間』に登場し、ミニライブを開催した。 おなじみのほら貝の音色が鳴り響き、登場したレキシは「江戸にちなんだ年貢の曲を歌いま〜す」と告げると、「年貢 for you」を披露。間奏では「竹内涼真です」「竹原ピストルです」などとテキトーなトークを挟んで関心をひき、さらには“江戸・東京”にちなんで沢田研二の「TOKIO」、TOKIOの「AMBITIOUS JAPAN!」をアドリブで歌唱し、一般客も思わず足を止めていた。

この記事の画像

  • 再オープンした江戸東京博物館でミニライブを開催したレキシ
  • バンドメンバー3人と4曲を披露
  • レキシの軽妙なトーク&パフォーマンスで爆笑の渦に
  • 江戸東京博物館で行われた『再オープン記念WEEK「EDO→TOKYO VISION」江戸東京の歴史・文化とつながる一週間』スペシャルライブ
  • 江戸東京博物館で行われた『再オープン記念WEEK「EDO→TOKYO VISION」江戸東京の歴史・文化とつながる一週間』スペシャルライブ
  • 江戸東京博物館で行われた『再オープン記念WEEK「EDO→TOKYO VISION」江戸東京の歴史・文化とつながる一週間』スペシャルライブ
  • 江戸東京博物館で行われた『再オープン記念WEEK「EDO→TOKYO VISION」江戸東京の歴史・文化とつながる一週間』スペシャルライブ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索