アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • マーク・パンサー、小室哲哉からのLINE明かす 引退会見の直後「どんなことも相談して」

マーク・パンサー、小室哲哉からのLINE明かす 引退会見の直後「どんなことも相談して」

 globeメンバーのマーク・パンサー(48)が5日、フジテレビ系『ノンストップ』(月〜金 前9:50)にインタビュー出演。同グループでともに活動してきた音楽プロデューサー・小室哲哉(59)の引退について心境を語った。

 同番組の独占インタビューに応じたマークは、globeとしてミリオンヒットを連発した1990年代の思い出を振り返りつつ、小室の引退に言及。1月の引退会見の前に小室から「相談はなかった」とし、「電車で学生が話しているのを聞いて(引退を知った)。頭が真っ白になった」とその時の衝撃を告白した。

 ただ、小室からは会見の直後にLINEが届いたという。そこには「俺、元気だから大丈夫だよ。」「どんなことがあっても、いつでも相談してくれ」と前向きな言葉がつづられていたことを明かした。

 これについてマークは「(小室が)引退するのは芸能界であって、音楽を引退することはありえない。『相談してくれ』と言うってことは、心の中の音楽ってところは引退してないんじゃないかな」と、小室の心情をおもんぱかっていた。

 2011年、小室の妻でglobeボーカルのKEIKO(45)が病に倒れた際、「globeの灯火(ともしび)を消すな」と小室から託されたというマーク。現在は、その言葉を胸にDJとして全国をまわり、globeの楽曲をプレイするなど地道な活動を続けている。「『灯火は消さない運動』じゃないけど、僕ができることをやって、希望を持ちながら奇跡待ちみたいな」と今の心境を明かした。

 最後は「KEIKOがまた歌えたら、TK(小室)が『俺またやりたい』なんて言った時、道ができているように、ずっと続けていかないといけない」と噛みしめ、「(globe復活を)信じています。KEIKOも元気だし。一回3人でちゃんとやっておきたい」と期待を込めていた。



オリコントピックス