• ホーム
  • 音楽
  • AKB48早坂つむぎ、卒業発表「ステージに立つのが怖くなった」

AKB48早坂つむぎ、卒業発表「ステージに立つのが怖くなった」

 AKB48のチーム8 が3日、東京・秋葉原のAKB48劇場で結成4周年記念公演を開催し、山形代表メンバーの早坂つむぎ(16)がグループからの卒業を発表した。

【写真】その他の写真を見る


 終演間際「ここで私からお話しがあります」と声を震わせながら切り出した早坂は「私、早坂つむぎはAKB48を卒業します。4年間本当にありがとうございました」と涙ながらに卒業を発表。観客はどよめき、メンバーは言葉を失った。

 昨年12月から1ヶ月ほど体調不良で活動を休止していた早坂は「アイドルを好きになって、アイドルになれて、すごく夢みたいだったんですけど、他のメンバーに比べて愛きょうとか、かわいらしさがなくて、アイドルらしくないし、苦手な部分がたくさんあった」と自身の性格がアイドル活動に向かなかったことを告白。「自分らしくいればいいと思っていたけど、だんだんステージに立つのが怖くなってしまって、人前に立つ勇気が出なくなったり、逃げてしまうことが増えていろんな方に迷惑をかけしまった」と苦しい胸の内を明かした。

 本来はやりたいことを見つけて前向きな卒業をしたかったと話したが、「私なりに前向きな決断で、人としてきちんと自立して自分が本気で楽しんでやっていけることを見つけていきたいなと思って卒業の形を取らせていただきました」と説明。最後の活動は4月29日の愛知・日本ガイシホール公演となり、劇場での卒業公演は自らの意思で行わないと発表した。

 卒業発表することは誰にも伝えていなかったといい、涙するメンバーも。岡部麟(茨城)は「びっくりしちゃった。早いよバカッ!」と悲しむと、早坂は「長くいるともっと寂しくなっちゃうから」と本音もポロリ。岡部は「バカヤロー! あと1ヶ月もない」と嘆いた。



関連写真

  • AKB48 チーム8の4周年記念公演で早坂つむぎが卒業を発表 (C)AKS
  • 早坂つむぎを中心に記念撮影(C)AKS
  • チーム8結成4周年記念公演の模様(C)AKS
  • チーム8結成4周年記念公演の模様(C)AKS
  • AKB48 チーム8の早坂つむぎが卒業を発表 (C)AKS

オリコントピックス