• ホーム
  • 音楽
  • 伊藤咲子、元恋人の城みちると初デュエット 4・25にデビュー45周年記念アルバム

伊藤咲子、元恋人の城みちると初デュエット 4・25にデビュー45周年記念アルバム

 1974年に「ひまわり娘」でデビューした歌手・伊藤咲子(59)が、4月25日にデビュー45周年記念アルバム『恋する名曲娘』を発売する。同アルバムには、かつてアイドル時代に交際していた、歌手でタレントの城みちる(60)との初めてのデュエット曲「春風の二人」が収録される。

【写真】その他の写真を見る


 城は1973年に「イルカにのった少年」でデビュー。同時期にアイドルとして活動していた2人は、歌番組の共演をきっかけに同じ日本テレビ『スター誕生!』出身の歌手ということもあり意気投合。1975年より4年間交際した。

 その後、城は1978年に芸能界を引退。引退後も交際は続けていたが、城が家業を継ぐために広島に帰郷したのを機に交際はストップ。2人は別々に結婚してそれぞれの道を歩み、現在はお互いに家庭を持ちながら家族ぐるみの付き合いで、今では「心友(しんゆう)」の仲だという。

 今回の企画は城にとって、1993年にビクターより発売したシングル「ファーストサムライ」以来25年ぶりのレコーディングとなった。楽曲は歌詞の中に「木枯し」や「イルカ」などのフレーズが入り、伊藤のヒット曲「木枯しの二人」や、城のデビュー曲「イルカにのった少年」へのオマージュもたっぷりのラブソングとなった。

 かつて交際していた2人がそれぞれ別々に歳月を重ねて再会し、また恋をする…、まさしくかつての2人を彷彿とさせるような内容となっている。レコーディングは現在広島在住の城が上京し、2月中旬に都内のスタジオで行なわれた。

 伊藤は「レコーディングはすごく気持ちよく歌わせていただきましたし、声の質が違和感なく歌えたと思う。相性というか、お互いの歌の呼吸が不思議と分かるので、歌いやすかったです。みちるは心の友、“心友(しんゆう)”なんです。人生いろんなことがあったのもお互い分かり合っているし、でもどろどろとした別れもなかったし、出会ってから45年ですから。お互いに家庭を持って、家族ぐるみでお付き合いさせていただいているので」と語り「そんな私たちの生き様がさわやかに伝わればうれしいです」とメッセージ。

 城は「当時の思い出が詰まったような楽曲となっていて、お互いの代表曲のフレーズも入っています。初めて歌詞を見たときは笑いましたけど、すごくさわやかな曲なので、一回聴いたら覚えてもらえるような楽曲となっています。」とコメントし、レコーディングでは「無事に終わってホッとしています。10代に戻ったつもりでさわやかに歌いました」と語った。



関連写真

  • かつての恋人同士で初デュエットを果たす(左から)伊藤咲子、城みちる
  • 伊藤咲子 デビュー45周年記念アルバム『恋する名曲娘』(4月25日発売)ジャケット写真
  • かつての恋人同士で初デュエットを果たす(左から)城みちる&伊藤咲子
  • 伊藤咲子 デビュー45周年記念アルバム『恋する名曲娘』(4月25日発売)ジャケット写真
  • かつての恋人同士で初デュエットを果たす城みちる&伊藤咲子

オリコントピックス