• ホーム
  • 音楽
  • 松田聖子、早世の大村雅朗さん作品集「大切な宝物」 槇原敬之リアレンジも収録

松田聖子、早世の大村雅朗さん作品集「大切な宝物」 槇原敬之リアレンジも収録

 「SWEET MEMORIES」「青い珊瑚礁」など松田聖子のヒット曲の作・編曲を数多く手がけたことで知られ、1997年に46歳の若さで亡くなった大村雅朗さんの作品集『SEIKO MEMORIES〜Masaaki Omura Works〜』が、2月28日に発売される。ボーナストラックとして、大村さんが生前に作曲し、死後発表された「櫻の園」のリアレンジバージョンを収録。編曲は大村さんを敬愛する槇原敬之が手がけた。

【写真】その他の写真を見る


 80年代の松田聖子プロジェクトのサウンドクリエイターとして重要な役割を担った大村さんは、2ndシングル「青い珊瑚礁」をはじめ、「チェリーブラッサム」「夏の扉」「白いパラソル」「ガラスの林檎」「天使のウィンク」など11作のシングルの編曲を担当。オリジナルアルバムや企画アルバム、主演映画のサウンドトラックまで深く関わった。

 今作には、大村作品の代表曲「SWEET MEMORIES」、ファンの間で人気の「真冬の恋人たち」「セイシェルの夕陽」など隠れ名曲を含む46曲を厳選し、CD3枚組に収録する。

 「SWEET〜」をはじめ、大村さんとのタッグで数々の名曲を生み出した作詞家・松本隆氏は「大村君は優れたアレンジャーであっただけでなく作曲家としても非凡な才能の持ち主でした。亡くなってから約20年が経ち、プロデューサー・ブームの先駆者だった大村雅朗という音楽家が脚光を浴びるのは素晴らしいことだと思います。彼の偉大さを心に刻んで、彼のことを覚えていてほしい。それが僕にとっての喜びでもあります」とのコメントを寄せた。

 ボーナストラック「櫻の園」リアレンジバージョンの原曲は、松本氏が大村さんから「いつか聖子さんに歌ってもらえたら」と預かり、引き出しの奥にしまっていた楽曲だった。大村さん死後、追悼するような歌詞をつけ、松田のアルバム『永遠の少女』(99年発売)に収録された。

 同曲は、編曲前の音源として残されていたことから、今回レーベルサイドが大村さんを敬愛する槇原に編曲をオファー。槇原は「この思いがたくさん詰まったこの曲のリアレンジが、僕に務まるだろうか?」と自問自答しつつも「松田聖子さんの作品に少しでも関われるなんて本当に光栄なことだし、大好きで尊敬するアレンジャーの一人である大村雅朗さんの作品に触れさせてもらえることも、本当に光栄なことなんだ! と、弱気な心を払拭し、心を込めて取り組ませて頂きました」と明かした。

 今作発売にあたって松田は「大村さんには数え切れないほどの多くの作品を手がけていただきました。『SWEET MEMORIES』をはじめとする大村さんの曲の数々は私にとって大切な宝物で、今回の企画盤のために槇原敬之さんがリアレンジしてくださった『櫻の園』が天国の大村さんにも届くことを心より願っています」と故人に思いをはせた。

 ジャケット写真は14thシングル「ガラスの林檎/SWEET MEMORIES」のジャケットのアザーカットが初使用された。付属のブックレットには、松田、松本氏、槇原らの寄稿、松田聖子×大村雅朗の作品リストも掲載。大村さんの功績を目と耳でたどることができる貴重なアルバムとなっている。

 このほか、聖子の7インチのEPレコード期に発売したシングルを網羅したアルバム『Seiko Matsuda sweet days』が1月31日に発売された。高品質CD「Blu-spec CD2」3枚組(完全生産限定盤)の本作には、1980年のデビューシングル「裸足の季節」から88年の「旅立ちはフリージア」まで、アナログEP盤で発売されたAB面50曲が収められている。

■『SEIKO MEMORIES〜Masaaki Omura Works〜』スペシャルサイト
http://www.110107.com/seiko_memories



関連写真

  • 2月28日に発売される松田聖子『SEIKO MEMORIES〜Masaaki Omura Works〜』
  • 松田聖子『SEIKO MEMORIES〜Masaaki Omura Works〜』裏ジャケット(2月28日発売)
  • 松田聖子『Seiko Matsuda sweet days』(1月31日発売)
  • 高品質CD「Blu-spec CD2」3枚組(1月31日発売)

オリコントピックス