有安杏果、『ミヤネ屋』で卒業生報告「普通の女の子の生活を送ってみたい」

 今月21日にグループ卒業を発表したももいろクローバーZ有安杏果(22)が15日、読売テレビ・日本テレビ系『情報LIVEミヤネ屋』にメンバーとともに生出演。改めて卒業を生報告した。

 MCの宮根誠司から卒業理由を聞かれた有安は、「芸能界を22年間やらせていただいて、一度距離を置いて普通の女の子の生活を送ってみたいと思った」と説明。「ずっと前から考えていたことなので、やっと言えてスッキリした」と笑顔を見せた。

 リーダーの百田夏菜子は有安の卒業について「みんなに伝えてくれたので、年が明ける前から知ってました」と話したが、宮根から「寂しくなるんじゃない?」と聞かれたメンバーたちは、口々に「私たちも寂しいです〜!」と別れを惜しんだ。

 今後について聞かれた有安は、何も決まっていないことを強調し「自由でいろんな道が開けているなっていうふうに思っている。まずは普通の女性として家事とかもう一度しっかり勉強したい」と話した。

 有安はきょう15日、公式サイトと自身のブログで21日のライブをもってグループ卒業を発表。事務所との専属マネジメント契約を終了することも決定した。グループは百田夏菜子(23)、玉井詩織(22)、佐々木彩夏(21)、高城れに(24)の4人体制で活動を続ける。

 卒業理由について有安は「ありがたい環境でやらせていただきましたが、子役時代から22年間やってきた世界から一度距離を置いて、普通の女の子の生活を送りたいという想いが強くなり、わがままを受け入れてもらいました」と説明。今後について「これから私は何をするか具体的には何も決まってません」としている。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索