• ホーム
  • 音楽
  • JASRAC、音楽教室からの徴収先送り 裁定申請受け

JASRAC、音楽教室からの徴収先送り 裁定申請受け

 音楽教室からの著作権使用料徴収をめぐる問題で日本音楽著作権協会(JASRAC)は21日、来年1月1日から予定していた徴収の実施を一時保留すると発表した。「音楽教育を守る会」(以下「守る会」)が徴収保留を求める裁定を文化庁に申請したことを受けての措置となる。

 使用料徴収をめぐっては「守る会」側が今年6月にJASRACを提訴しており、今回の申請は訴訟の判決が確定するまで、使用料規程の実施保留を求めたもの。著作権等管理事業法では、未実施の使用料規程について裁定申請があった場合、裁定がある日までは当該の使用料規程を実施してはならないとされている。

 「守る会」側は、1.「公衆」に対する演奏ではない、2.「聞かせることを目的とした」演奏ではない、3.「文化的所産の公正な利用」という著作権法の立法目的にもそぐわない、などを根拠に徴収の不実施・撤回を求めており、使用料徴収ありきで協議を申し入れてきたJASRACと真っ向から対立。これまで書面および口頭での協議を継続してきたが、今月13日に協議が不成立に終わったことを受け、「守る会」側の裁定申請が提出された。



オリコントピックス