アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • モー娘。1期メンバー18年ぶり集結し歌唱 中澤裕子ら涙 安倍なつみ「感慨深かった」

モー娘。1期メンバー18年ぶり集結し歌唱 中澤裕子ら涙 安倍なつみ「感慨深かった」

 アイドルグループ・モーニング娘。のオリジナルメンバー、中澤裕子(44)、石黒彩(39)、飯田圭織(36)、安倍なつみ(36)、福田明日香(32)の5人が、13日放送のフジテレビ系音楽特番『FNS歌謡祭 第2夜』(後7:00)で18年ぶりに集結。1999年4月18日に福田が卒業して以降初めてテレビで共演し、メジャーデビューを目指して20年前に手売りした幻の名曲「愛の種」を披露した。

 スタジオに集まった観客を前に、中澤は「今夜はなんとですね、私たち18年ぶりにそろいました」と報告。「久しぶりだね」と、しみじみメンバーたちと顔を見合わせると、福田らも笑顔で「緊張しますね〜」と胸中を明かした。

 無事に歌い終え、進行を務める加藤綾子アナウンサー(32)から感想を聞かれた中澤は「ホッとしているんですけど、泣きそうです。泣いています」と、手で目を隠し、飯田も「登場した瞬間にファンの皆さんが泣いていて、待っていてくださったんだなと…」と涙した。

 目をうるませた安倍も「やっぱり20年って私たちもファンの方々もいろいろあったので、そういうのも感じながら歌って踊れたので感慨深かったです」とかみしめるように話すと、中澤は「こういう形でみんなの前で歌えるのはうれしいです」と、5人での歌唱を喜んだ。

 SNS上では「わああ懐かしいモー娘。初期メンバー」「うーわ待ってモー娘。1期メンバーは泣く」「モー娘。1期生、みんなお母さんだもんなぁすごいなぁ。きれいなママさんだ」「モー娘。初期メンやべー。青春」などの声で盛り上がった。



オリコントピックス