• ホーム
  • 音楽
  • 【紅白】竹原ピストル、初出場「歌うたいとして、経験してみたかったステージ」

【紅白】竹原ピストル、初出場「歌うたいとして、経験してみたかったステージ」

 大みそかの『第68回NHK紅白歌合戦』(後7:15〜11:45)の出場歌手が16日、発表され、歌手の竹原ピストル(40)の初出場が決まった。多い年は年間250本のライブを行ってきた竹原は「出場できるなんて、思ってもみなかったけど、歌うたいとして経験してみたかったステージ。精一杯やらせていただこうと思っています」と意気込みを語った。

【写真】その他の写真を見る


 竹原は、千葉県出身。1999年、野狐禅(ヤコゼン)を結成し、2003年にメジャーデビューした。09年4月に野狐禅を解散し、一人での表現活動を開始。15年リリースのアルバム『youth』収録曲「よー、そこの若いの」がCMソングに起用され、大きな反響を呼んでいる。俳優としても評価され、16年には映画『永い言い訳』で第40回日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞。

 今年は、『2020年東京五輪・パラリンピック』に向けて、1964年東京五輪時に流行した「東京五輪音頭」を現代風にアレンジした「東京五輪音頭-2020-」を、加山雄三、石川さゆりとともに歌ったり、缶コーヒーのCMに出演したりと話題も抱負だった。

 そんな一年を、竹原は「多くの人に知ってもらうチャンスをたくさんいただいた年。恩返しできるようにがんばっていかねぇとなぁ、って強く思った年だった」と振り返っていた。フォトセッションでは、照れまくっていた。



関連写真

  • 『第68回NHK紅白歌合戦』に初めて出場する竹原ピストル (C)ORICON NewS inc.
  • 『第68回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表(C)ORICON NewS inc.
  • 『第68回NHK紅白歌合戦』に初めて出場する竹原ピストル (C)ORICON NewS inc.
  • 『第68回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス