• ホーム
  • 音楽
  • ゆず、20年続いた“冬至の日”無料ライブ今年で終了 来春新アルバム&ツアーも発表

ゆず、20年続いた“冬至の日”無料ライブ今年で終了 来春新アルバム&ツアーも発表

 デビュー20 周年イヤーを迎えている人気デュオ・ゆずが、20年続けてきたフリーライブ「冬至の日ライブ」を今年で終了することが明らかになった。10日、神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールにて行われた全国ホールツアー『YUZU HALL TOUR 2017 謳おう』最終公演で発表された。

【写真】その他の写真を見る


 「冬至の日ライブ」は、毎年12月22日頃に迎える冬至に合わせ、ゆずがデビュー当初から開催している無料ライブ。CD デビュー年の1997 年・横浜大通り公園でのライブを皮切りに、過去には西武ドーム、よみうりランド、横浜スタジアムなど大規模ステージで開催。近年はYouTubeやニコニコ生放送、LINE LIVE といった配信形式でライブを継続しており、昨年は熊本・熊本城二の丸広場にて2008年の横浜スタジアム以来、約8年ぶりとなる本来の「野外フリーライブ」形式で実施された。

活動20年の歩みの中で、ライブの環境やゆず自身の規模感も徐々に変化。“冬至の日ライブ”の在り方ややり方を改めて考え、未来のゆずの活動に活かしていくという想いから、同フリーライブの終幕を決意した。

 最後のステージは12月22日。現時点で開催場所や時間・ライブ形式などは明らかになっていないが、「ゆず 冬至の日ライブ ファイナル」と銘打ち、ファンに愛された年末の風物詩に幕を下ろす予定だ。

 このほかこの日の公演では来年春に新アルバムを発売すること、併せて全国アリーナツアーをスタートさせることが発表された。

■『YUZU HALL TOUR 2017 謳おう』パシフィコ横浜国立大ホール セットリスト

1.日常
2.眼差し
3.ダスキング
4.もうすぐ30 才
5.旅立ちのナンバー
6.無力
7.いこう
8.保土ヶ谷バイパス(岩沢厚治ソロ)
9.天国(北川悠仁ソロ)
10.カナリア
11.ゆずと一緒に謳おう
カラオケメドレー
サヨナラバス/飛べない鳥/いつか/桜木町/恋の歌謡日/少年/栄光の架橋
12.リアル
13.恋、弾けました。
14.夏色
15.タッタ

―アンコール―
1.ロンリーカントリーボーイ
2.TETOTE(新曲)
3.愛こそ
4.ツアーおつかれさまのうた



関連写真

  • ホールツアー最終公演を行ったゆず
  • ホールツアー最終公演を行ったゆず
  • ホールツアー最終公演を行ったゆずの岩沢厚治
  • ホールツアー最終公演を行ったゆずの北川悠仁
  • ホールツアー最終公演を行ったゆず

オリコントピックス