• ホーム
  • 音楽
  • 本田美奈子.さん13回忌の追悼ライブ 工藤夕貴は約束果たせず無念の思い語る

本田美奈子.さん13回忌の追悼ライブ 工藤夕貴は約束果たせず無念の思い語る

 2005年に急性骨髄性白血病のため亡くなった歌手、本田美奈子.さん(享年38)の追悼コンサート『2017 LIVE FOR LIFE「音楽彩」〜本田美奈子.メモリアル〜』が3日、都内で開かれた。今年は13回忌にあたり、存命であれば50歳という節目の年でもあった。開場前に出演者が取材に応じた。

【写真】その他の写真を見る


 取材の冒頭、坂本冬美(50)は発言を求められると「年功序列でお願いてもいいでしょうか」と松本伊代(52)にパス。伊代は「年がバレちゃうじゃない」とオトボケ発言で会場を笑わせた。そんな伊代は「また1年が経ちました。もし生きていたら私と同世代ぐらいになっていて、昔の曲をどうやって歌うんだろうなっていつも思う」と寂しそうな表情。

 一方の坂本は「見えないと思うんですけど伊代さん、(早見)優さんより私は年下でございます。これは出るたびに言わせてもらっている」と話すと、早見は「冬美ちゃんって呼んでもいいのね」と相づち。重ねて坂本は「冬美でもいいぐらいでございます」と返して同世代、和気あいあいとした空気になった。そして「50歳になった美奈子ちゃんの歌声を聞いてみたかった。誰もが思っていることだと思います。美奈子ちゃんの足元にも及ばないですけど、思いを胸に一生懸命、美奈子ちゃんに届くように歌います」と思いを口にした。

 今回は初出演となる工藤夕貴(46)は本田さんとの不思議な縁を語った。本田さんの本名は工藤で、ずっと親戚といううわさがあった。本田さんが病気のため休養し、工藤が代役として出演。「代役を務めさせていただくことになって初めて電話でお話した。病気だったときに。『工藤さん、よろしくお願いします』と」と述懐。その際に「お互い親戚と言われながら、ほとんど会ってないんですよねって話になった。『元気になったら一緒に飲みましょう!』っていう言葉が叶わないまま、お別れになってしまった」と寂しそうに振り返っていた。

 同じく初出演の中村あゆみ(51)は「私より1年、後にデビュー。地方の大きなイベントで一緒に歌うこともけっこうあった」と接点を語り「いっつも細くて、どこからあんなにパワー出るんだろうと思った」と懐かしんだ。

 そのほか、知念里奈高橋みなみmeg、蘭華、Hide-c.、激団HIGUCHI、Jkim、柴田智子、平原誠之も取材に参加した。



関連写真

  • (左から)激団HIGUCHI、平原誠之、早見優、松本伊代、工藤夕貴、坂本冬美、中村あゆみ、高橋みなみ、知念里奈、Jkim、Hide-c.、meg、蘭華 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)早見優、松本伊代、工藤夕貴、坂本冬美 (C)ORICON NewS inc.
  • 『2017 LIVE FOR LIFE「音楽彩」〜本田美奈子.メモリアル〜』に出演した早見優 (C)ORICON NewS inc.
  • 『2017 LIVE FOR LIFE「音楽彩」〜本田美奈子.メモリアル〜』に出演した松本伊代 (C)ORICON NewS inc.
  • 『2017 LIVE FOR LIFE「音楽彩」〜本田美奈子.メモリアル〜』に出演した中村あゆみ (C)ORICON NewS inc.
  • 『2017 LIVE FOR LIFE「音楽彩」〜本田美奈子.メモリアル〜』に出演した工藤夕貴 (C)ORICON NewS inc.
  • 『2017 LIVE FOR LIFE「音楽彩」〜本田美奈子.メモリアル〜』に出演した坂本冬美 (C)ORICON NewS inc.
  • 『2017 LIVE FOR LIFE「音楽彩」〜本田美奈子.メモリアル〜』に出演した知念里奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 『2017 LIVE FOR LIFE「音楽彩」〜本田美奈子.メモリアル〜』に出演した高橋みなみ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス