• ホーム
  • 音楽
  • エド・シーラン、振替公演が決定 手首など骨折で来日延期

エド・シーラン、振替公演が決定 手首など骨折で来日延期

 骨折のため25日から予定していた来日ツアー3公演の延期を発表していた英シンガー・ソングライター、エド・シーラン(26)が、来年4月に振替公演を行うことが明らかになった。

 対象となる公演と振替日時は以下の通り

・10月25日 大阪・大阪城ホール → 2018年4月11日 大阪城ホール(午後7時開演)
・10月31日 東京・日本武道館 → 2018年4月13日 日本武道館(午後7時開演)
・11月1日 東京・日本武道館 → 2018年4月14日 日本武道館(午後6時開演)

 エドは日本およびアジアツアー振替公演の決定を受け「その後の診察で医者を訪ねたところ、シンガポール以降の公演は実施できるという診断結果をもらいました。大阪、東京、マニラの各公演はは2018年4月に振替えることになりました」と報告した。

 一方で台北、ソウル、香港、ジャカルタ公演は、振替が不可能となり、公演の中止が決定。「全ての公演日を振替ることができず本当に心苦しく思っており、我々のチームは今回中止とさせて頂いた都市に赴き、みんなに少しでも早く会うことが出来ればと考えています。今回の件でご迷惑をおかけしたみんなには本当に申し訳なく思っています」とお詫びしている。

 エドは16日、自転車事故で負傷したことを自身のインスタグラムで報告。その後、右手首と左肘の骨折と診断され、来日公演を延期すると主催者側が18日に発表していた。

 来日公演の振替日および払戻しの詳細は、公式サイト(http://edsheeran-japantour.com)に掲載されている。



オリコントピックス