相田翔子、Wink時代に笑わなかった理由語る「アイドルスマイル練習しても緊張で…」

タレント・堺正章、元Winkの相田翔子がこのほど、オリコンランキングとともに日本の音楽シーンの半世紀を振り返るTBS系特別番組『歌のゴールデンヒット オリコン1位の50年間』(10月2日、後7:00)の収録に参加。囲み取材に応じた相田は、Wink時代に「アイドルスマイルを勉強して練習しても、本番ではカチっと緊張してできなかった」と当時“笑わないアイドル”と呼ばれた意外な裏側を明かした。

1968年1月4日、オリコンがレコード(後にCD)の売り上げを集計したランキングの発表をはじめて50年が経過しようとしている。時代を象徴する名曲の数々が1位を獲得し、...

この記事の画像

  • (左から)相田翔子、堺正章、ココリコ(田中直樹、遠藤章造)(C)TBS
  • TBS『歌のゴールデンヒット オリコン1位の50年間』で歌唱する郷ひろみ(C)TBS
  • TBS『歌のゴールデンヒット オリコン1位の50年間』で歌唱する荻野目洋子(C)TBS
  • TBS『歌のゴールデンヒット オリコン1位の50年間』の収録に参加した(左から)堺正章、相田翔子、田中直樹(C)TBS
  • TBS『歌のゴールデンヒット オリコン1位の50年間』の収録に参加した堺正章(C)TBS
  • TBS『歌のゴールデンヒット オリコン1位の50年間』の収録に参加した(左から)郷ひろみ、堺正章(C)TBS
  • TBS『歌のゴールデンヒット オリコン1位の50年間』の収録に参加した郷ひろみ、堺正章、相田翔子、田中直樹(C)TBS

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索