• ホーム
  • 音楽
  • 乃木坂46、層の厚さを証明した東京体育館3days 千秋楽はトリプルアンコール突入

乃木坂46、層の厚さを証明した東京体育館3days 千秋楽はトリプルアンコール突入

 人気アイドルグループ・乃木坂46のアンダー(非選抜)メンバー12人が、20〜22日までの3日間にわたって東京体育館で『乃木坂46アンダーライブ 全国ツアー2017 〜関東シリーズ 東京公演〜』を行い、全4公演で3万2000人を動員。千秋楽はトリプルアンコールに突入する盛り上がりを見せた。

【写真】その他の写真を見る


 17枚目のシングル「インフルエンサー」(3月発売)のアンダーメンバーによるコンサートは、3日間4公演すべて完売。今作のアンダーでセンターを務める渡辺みり愛は、初日のオープニングから感極まって涙しながらも「今回のアンダーメンバーは史上最少人数の12名で、最弱とも言われるなか、この日のためにメンバー一丸となって頑張ってきました。今回のアンダーのセンターとしても引っ張っていきたいと思います」と力強く宣言した。

 セットリストは過去作品も含めたアンダー楽曲を中心に構成されているが、「ファンタスティック3」と題したコーナーでは、毎公演3人のメンバーに焦点を当て、その3人がセンターを務めるシングル表題曲を披露。さらに、本編のラストでは、渡辺が「一生懸命練習した」という、乃木坂史上最も高速なダンスで話題の最新シングル「インフルエンサー」をパフォーマンスし、ファンを熱狂させた。

 アンコールでは、「インフルエンサー」のカップリング曲で、今作のアンダー12人で歌った「風船生きている」を熱唱。22日夜の最終公演ではグループ名にちなみ、4600個の風船を降らせた。ダブルアンコールの「ダンケシェーン」で終了と思いきや、興奮冷めやらぬファンは帰る気配を見せず、まさかのトリプルアンコールに突入。ラストは「ガールズルール」で完全燃焼した。

 伊藤かりんは「私は一度も選抜メンバーに選ばれたことがなく、アンダーメンバーのフォーメーションでも後列(3列目)が多いなか、自分を信じて活動してきました。今の乃木坂46は個人で活動できる場も増え、アンダーメンバーであっても活躍できる場がたくさんあることを実感していて、続けてきて本当によかったです」と涙ながらにコメント。世間一般に認知度の高い選抜メンバー不在のアンダーメンバー12人だけで東京体育館を連日満杯にしてみせ、乃木坂46の勢いと層の厚さを証明する3日間となった。

【出演メンバー】伊藤かりん/伊藤純奈相楽伊織川後陽菜川村真洋斎藤ちはる佐々木琴子鈴木絢音能條愛未山崎怜奈和田まあや/渡辺みり愛

■最終公演セットリスト
01. 風船は生きている
02. シークレットグラフィティー
03. 春のメロディー
04. 13日の金曜日
05. ブランコ
06. 狼に口笛を
07. 自由の彼方
08. ここにいる理由
09. 生まれたままで
10. 左胸の勇気
11. 扇風機
12. 君は僕と会わない方がよかったのかな
13. 初恋の人を今でも
14. 涙がまだ悲しみだった頃
15. 制服のマネキン
16. 今、話したい誰かがいる
17. バレッタ
18. ぐるぐるカーテン
19. 別れ際、もっと好きになる
20. 嫉妬の権利
21. 不等号
22. あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
23. インフルエンサー
【アンコール】
24. ロマンスのスタート
25. ハウス!
26. 風船は生きている
【ダブルアンコール】
27. ダンケシェーン
【トリプルアンコール】
28. ガールズルール



関連写真

  • 乃木坂46の選抜メンバー不在ライブが連日満員の大盛況
  • 初日のオープニングから感極まっていたセンターの渡辺みり愛
  • トリプルアンコールまで完全燃焼した
  • 今作のアンダーでセンターを務めた渡辺みり愛
  • 『乃木坂46アンダーライブ 全国ツアー2017 〜関東シリーズ 東京公演〜』より
  • 『乃木坂46アンダーライブ 全国ツアー2017 〜関東シリーズ 東京公演〜』より
  • 『乃木坂46アンダーライブ 全国ツアー2017 〜関東シリーズ 東京公演〜』より
  • 『乃木坂46アンダーライブ 全国ツアー2017 〜関東シリーズ 東京公演〜』より

オリコントピックス