アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • ゆず、3万人ずぶ濡れライブ 雨上がりの大合唱に「ロマンチックだなー!」

ゆず、3万人ずぶ濡れライブ 雨上がりの大合唱に「ロマンチックだなー!」

 人気デュオ・ゆずが16日、地元の横浜スタジアムで『ゆず弾き語りライブ2015 二人参客』を開催した。同所での有料ライブは2000年夏以来15年ぶり。晴れ男を自認するゆずだが、2曲目から大雨となり3万人がずぶ濡れに。途中で何度も観客を気遣いながら続行すると、やがて雨が上がり、ヒット曲「虹」では「雨上がりの空に〜」の大合唱が響き渡った。歌詞に合わせたような天気の“演出”に北川悠仁は「ロマンチックだなー! ライブっていいなー」と胸を熱くさせ、「すごいきつい雨の中、頑張って耐えてくれて…見てて泣けてきたよ。ありがとな」と感謝しきりだった。

 レフトスタンド側に真っ黒な雨雲が垂れ込めるなか、バックスタンド側の花道前に設置された緑に覆われたアーチをくぐり抜け、北川と岩沢厚治が登場。マーチングバンドのファンファーレが鳴り響くなか、2人は足をひもで結びつけ、コンサートのタイトルどおり“二人三脚”で360度観客に囲まれたセンターステージへ向かうと、割れんばかりの手拍子と大歓声がこだました。

 フラワーアーティスト東信氏による、200種類以上の植物を用いた“グリーンステージ”に立った2人は、「センチメンタル」から2日目公演をスタート。2曲目で「ところで」を披露し「雨雲が抜けるのを待ってる 雨降る晩は悲しくても…」と歌い始めたところで、待っていたかのように雨が降り始めた。最初のうちこそ、「雨!? ウソ! さっきまで晴れてたじゃん」「けっこう、こういうの燃えちゃうよね」とおどけていたが、しだいにスクリーンが見えなくなるほどの雨が打ちつけた。

 デビュー前、路上ライブを行っていた伊勢佐木町から横浜スタジアムは、JR関内駅を挟んで徒歩10分足らずとあり、音源化されていない路上時代の未発表曲「流れ者」などを熱唱。北川は「路上時代、ファンがまだいないとき、雨が降ると、せっかくのお客さんが帰ってしまうなぁと思いながら歌ってたけど、きょうは帰さないからな」と茶目っ気たっぷりに話し、観客も拍手で応えたが、雨脚は強まる一方となった。

 岩沢が「こりゃすげーな」と空を見上げ、北川も「みんな、ちょっとタイム! 大丈夫か? どうしようか? やめるっていうのもあるけど」と提案したが、観客は「エ〜!」「イヤー!」と悲鳴まじりの絶叫。この声を受け「やめるわけないよな。でも18年やってて初めてだな。歌って元気になろう!」「雨に負けんなよー!」とファンを鼓舞した。

 若手クリエイター集団・渋家(シブハウス)とコラボレーションした「柚渋メドレー」の中で披露した「向日葵ガ咲ク時」で「もうすぐ雨はとおりすぎるから」と歌うと、場内は大歓声。メドレー中の「ワンダフルワールド」の頃には雨もあがり、「虹」では「雨上がりの空に〜そっと架かる虹の橋♪」の大合唱となった。

 2時間40分の熱演を終えた北川と岩沢は、二手に分かれてステージをぐるりと囲んだ外周ステージを1周。雨と汗でびっしょりとなったファンに感謝すると、最後は登場アーチの前で2人がガッチリと握手と抱擁を交わし、観客の拍手は鳴り止むことなく続いた。

 2人が力強いハーモニーでファンを酔わせた同公演は、前日とあわせて2日間で計6万人を動員。両公演の音源を収めたCD『二人参客 2015.8.15〜緑の日〜』『二人参客 2015.8.16〜黄色の日〜』は、9月9日に同時発売される。

■『ゆず弾き語りライブ2015 二人参客』2日目セットリスト
マーチングバンド ファンファーレ〜夏色
01. センチメンタル
02. ところで
03. 心の音
04. ねこじゃらし
05. 流れ者(未発表曲)
06. もうすぐ30才
07. 連呼
08. ジャニス
09. 友達の唄
10. 柚渋メドレー
  岡村ムラムラブギウギ/する〜/イロトリドリ/LOVE&PEACH/いちご/向日葵ガ咲ク時/ワンダフルワールド
11. シシカバブー
12. 虹
13. 夏色
14. 二人三脚
【アンコール】
マーチングバンド ファンファーレ〜夏色
15. 終わらない歌
16. 少年
17. 栄光の架橋



関連写真

  • 2曲目から雨が降り出し、3万人がずぶ濡れに=『ゆず弾き語りライブ2015 二人参客』
  • 天気に恵まれた『ゆず弾き語りライブ2015 二人参客』初日公演

オリコントピックス