• ホーム
  • 音楽
  • 乃木坂46、初主演ドラマ主題歌に生駒センター曲「自分の人生の思い出に」

乃木坂46、初主演ドラマ主題歌に生駒センター曲「自分の人生の思い出に」

 アイドルグループ・乃木坂46が出演する7月10日スタートのテレビ東京系ドラマ24『初森ベマーズ』(毎週金曜 深0:12※テレビ大阪のみ7月13日スタート、毎週月曜 後11:58)のオープニングテーマ曲が、彼女たちの第12弾シングルとなる新曲「太陽ノック」(7月22日発売)に決定。センターは生駒里奈が務める。きょう24日に生放送される『テレ東音楽祭(2)』(後6:30〜)で初披露される。

 生駒は「乃木坂の初主演で、そして自分のセンター曲でドラマができるっていうのは、2度とないすごいことだと思うので、自分の人生の思い出にずっと覚えておきたいです」と喜びいっぱい。2013年3月発売の5枚目シングル「君の名は希望」以来、7作ぶり6度目のセンターを務めるが、「久しぶりのセンターで特別な思いがあるように思われるかもしれませんが、全くそんなことはない」と平常心で、「最初のシングルの時から一生懸命頑張ってきたので、その思いを継続しつつ、今回はたまたまセンターというポジションで頑張るだけです」と話していた。

 同曲は、超弱小ソフトボールチームが強豪に挑む、涙あり友情あり魔球ありのスポ根青春ドラマそのものを歌った、明るくて軽快な“夏曲”。その中にも、ピアノの音色などに“乃木坂らしさ”が感じられる楽曲に仕上がっており、「音だけでなく歌詞も、夏にはじけて一緒に楽しもう!って明るくなれる曲なので、この夏、部活や受験勉強などで頑張っている方たちに、そしてアウトドアのおともに、楽しんでほしい」と呼びかけている。



オリコントピックス